FC2ブログ

今年も学年1位が4名!


夏休み明け各中学校実施実力テスト結果 【最終結果】
(中1~中3合計、5教科合計得点での学年順位。)

  学年1位・・・4名
  学年3位・・・1名
  学年4位・・・2名
  学年5位・・・1名
  学年6位・・・2名
  学年7位・・・1名
  学年8位・・・1名

*夏期講習での演習量が結実しました。

学年1位4名は去年と同じ。

結果を出した塾生達。
一桁順位に胸を張ろう。

堂々たる模倣

今日は、

中学校実力テストで、

学年1位・・・1名
学年4位・・・1名

の報告がありました。
全最終結果の報告が明日にもできるかと思います。

さて、

今日は素敵な言葉に出合いました。

それは、

「堂々たる模倣」。

あるプロ野球選手。
両リーグで三冠王を獲得するという偉業を成し遂げたOという選手。
その打法は、当時の常識からは外れたもので、コーチはなんとかして修正しようとしたが、本人は頑として受け入れなかった。

そもそも、その打法、O選手のオリジナルではなかった。
11年目に入って代打要員となっていたTという先輩選手の模倣。
小柄で実績も乏しいT選手の打法を徹底的に「模倣」した。

何かピンとくるものがあったのだろうか。
誰も注目していない打法だった。(T選手本人も)
T選手の11年間の実績からいっても、注目されないのは当然だった。

「世間」でもない、「一般」でもない、「評判」でもない。
そして、「実績」ですらない。
O選手が信じたのは「自分」だった。
結果だけが評価されるプロの世界で、自分を信じた。

コーチたちも彼の打法の「修正」を諦めた。

そして、

O選手はこの打法で、ヒットを量産する。
そして、三冠王も。

O選手曰く、「堂々たる模倣だよ」。

良いと思ったものは、たとえ模倣と言われようと、堂々と取り入れ自分のものにしてしまう。
そして、オリジナル以上の結果を出す。

模倣は恥ずべきことではない。

堂々と模倣してよい。
オリジナルを超えるほどの勢いで。

これを本当の貪欲という。

「真似」と言われるのを恐れて、良いものを受け入れない態度こそが逃げなのだ。

模倣せよ。
堂々と。
そして、オリジナルを超えよ。

公式の証明

数学では、

公式を覚えて、それを利用して問題を解く。

そんな学習が長年継続されてきました。

しかし、

共通テストの時代になると、その公式のが導かれるに至った背景や、公式そのものの証明などが重要視されてきます。
意味も分からず公式を使って解き「意味は良く分からないけれど、解けたららいいでよ?」という姿勢ではダメになるのですね。

公式を暗記するのは勿論のこと、自分で公式を導けなければダメ、という時代になったのです。

考えるのが好きな人には最高に幸せな時代がやってきました。

とにかく受かれば良い、と結果を焦る人にとっては、ますます合格が遠のくということになりますね。

分かる、
考える、
関心、好奇心を持つ・・・

そんなことが期待される時代になったのです。

気づかせるのが仕事


「教えるのはたやすい。気づかせるのには苦労する」

教えてしまえば、とりあえずは到達したように見える。
一見、できるようになったかに見える。
生徒にも指導者にも。

でも、定着はしていない。
自分の頭で考えていないから。
自ら獲得した理解ではないから。

だから、次回同じような問題に直面した時に、同じように立ち止まってしまう。
そして、前回と同じように指導者の助けを求める。

自分で到達したものしか本物にはならない。
たとえ教えてもらったものでも、もう一度自分の力で到達してみることが大切。

指導者の仕事は気づかせること。
生徒が自分で動き、気づくことの道筋を作ってやること。
あくまでも手を使い、頭を使い、動くのは生徒。

自分自身で気づき、自分の足で到達したものだけが本物だ。
自らの経験は印象が強く、情報量が豊富なのだ。
「生きている実感」に裏打ちされた学習と言っても大げさではない。

指導者は教え過ぎてはいけない。
教え過ぎることで、生徒が自分の力で到達できるチャンスを奪ってしまうからだ。
生徒から貴重な学習のチャンスを奪ったのでは、指導者失格だ。

当たり前のこと

今の時代、自主的に勉強できる生徒が少ないからと言って、自主的に勉強している人を褒めてはいけない。
当たり前のことをやっているだけだから。

当たり前のことをやっているのに、褒められてしまったら、その子はキョトンとするだけ。
また、褒められないとやらないようになってしまったとしたら、勿論それは最悪。

勉強だけしていれば褒められる生徒の「甘っちょろさ」が不愉快なのだ。
本人の責任ではないかもしれないが。
甘っちょろいから成果も出ないのだ。
甘っちょろい人は実感が乏しい。

自由に勉強できる幸せ感に包まれた「スッキリした」気持ちよさを、是非とも味わせてやりたいものだ。

生徒が勉強するのは当たり前。

当たり前の勉強を褒めることで、その価値を下げていることに気づいて欲しいものだ。



さて、4連休の戦いが終わりました。
東吾妻中は実力テストになりますね。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

【遠方の方も吾妻線を利用して、土日、祝日中心に通っている塾です。長時間の個別演習形式で鍛えて結果を出しています。お気軽にお問い合わせください。】

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント