音読50回

手っ取り早い英語学習法。

NHKの英語テキストを50回音読する。

50回音読すると「質的変化」が生ずる。
実行した人だけに分かる「質的変化」。

できるようになりたい人は実行する。

やらない人はやらないで、やらない理由を探し出しては「安心」する。

齊藤塾のある塾生。

1年半前に入塾した時には通知表に3と4がチラホラ。
現在はオール5。
通塾しては日々やるべき課題を実行したから。
やる人はやる。

それだけのこと。

誰だって嫌なものは嫌だ。

それは良く分かる。

勉強は楽しくやりたい。

できれば皆そうしたいと思っている。

ただ、

そんなこと言っているうちに、時間はどんどん過ぎ去って行く。

やる人はやる。
やらない人はやらない。

世の中はそうなっている。

当然大きな差がつく。

亡霊になる前にやっつける

今日はある塾生から、中間テスト結果の中間報告を受けました。

英数国3教科の合計点が、なんと

300点!

3教科とも100点ということですね。
今のところ、絶対に学年トップです。

残り2教科の結果が楽しみです。

さて、今日は

「さっさとやる」です。

ある英単語。
覚えなければ、出て来るたびごとに「あれ、この単語の意味はなんだったっけ?」となります。
ちゃんと覚えるまでは何度でも襲ってきます。亡霊のように。
覚えておけば、出て来るたびごとにそれが復習になり、覚えていたこと自体が自信となります。

雲泥の差。

理科のある分野。
到達度が低いと、実力テストに出るたびごとに「また出ちゃった。この分野苦手なんだよね」と落ち込みます。
ちゃんと到達していないと何度でも襲ってきます。亡霊のように。
ちゃんと到達しておけば、出て来るたびごとに解けるので、それ自体が自信になります。

雲泥の差。

だから、

どこかでやっつけてしまうしかないのです。
だって、雲泥の差なんですから。

やっつけないと何度でも亡霊に襲われます。
そして、その亡霊に襲われる恐怖を抱えて毎日過ごすことになるのです。

だから、

ぐちゃぐちゃ考える前にやっつけましょう。

「エイヤア!」と言ってやっつけてしまいましょう。


アクティブにラーニングする前にすべきこと

アクティブにラーニングする前にすべきこと。

それは、必要な知識を蓄えること。

考えたり発言するためには、その土台となる知識はどうしても必要です。
貧弱な知識でいくら議論してもどこにも到達できません。
説得力もありません。

いや、むしろ危険と言ってもよいでしょう。

アクティブラーニングが議論のための議論、説得のための説得にならないことを期待します。

「知識の活用」という言葉だけが躍るのは恐いこと。

知識軽視という単純な図式になることが一番危険。

教育の方向性が大きく変わる。
そのマイナス面が露呈すると、軽視してきた部分を大きく見直す。
そしてまた逆方向に振れる。

そんな繰り返しを何度やっても実りはないので。

チラシを折り込みました。

本日、一部地域にチラシを折り込みました。
自分の弱さと戦う覚悟のできた人に入塾して欲しいと思います。
募集は今回も若干名です。

さて、今日は、

実力テストの国語で学年1位の報告。

それともう一つ、

「入塾以来子供が劇的に変わった」との保護者様からのご連絡。

嬉しいですね。

報われました。

塾生にとっても、私にとっても日々苦しみの連続ですから。

苦しみを感じているということは、伸びている証拠でもあります。

逃げてはいけないのです。
でも、一人では負けてしまう。

だから、

塾があるのです。

適正検査対策

中央中等教育学校などの適正検査対策をする上で一番注意して欲しいこと。

それは、

言葉はなかなか伝わらない、ということ。

これは、面接でも作文でも同じ。

この最大の原因はトレーニング不足なのですが、まあ小6生が経験不足なのは仕方のないこと。
何の経験が不足しているのか。

勿論、「言葉は伝わらない」という経験。

一番伝えたいことなのに、それには一回だけ触れただけで終わり。
後はどうでもよい付け足しで余白を「埋める」。

小6生の書く作文はそんなのばかりです。

読者はキョトンとしているのですが、それに気づけない。

一番伝えたいこと、大切なことは繰り返す。
角度を変えて言い換える。強さや表現を変えて説得する。
600字程度の作文で伝えられることはひとつ。
そのひとつを伝えるために、話を丁寧に積み上げ、言いたいことは畳みかけて読者を高みにまで連れて行かねばならない。

これは基本中の基本です。
それなのに、トレーニング不足の子は、この根気のいる作業をほとんど端折って「ひとこと」で終わってしまう。
それで、伝わった気になっている。

「書いたから伝わっているはず」とでも思っているようだ。

そんなことはないということを体験させねばならない。
できるだけ早い時期にガツンと体験させるべき。
目を覚まさせる必要がある。

書物を読み込んでいる子には、そんな話もほとんど不要なんですが。
読書好きの子の作文は深みが違います。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント