FC2ブログ

高女合格体験記

 高女の合格体験記を再掲します。

高崎女子高校合格Tさん ・・・ 多忙な中でもフリー通塾システムで学習時間を確保!

  「部活を引退してからも、招待試合があり忙しかった私にとって、時間と曜日を自分で決め通塾できるシステムは本当に良かったと思います。また、忙しい中でも勉強をするという習慣が身に付き、受験に向けての意識が高まっていきました。

入塾前まで苦手だった応用問題や記述問題も類似問題をこなしていくうちに解き方が理解でき、月1回ある模試で点数を取れるようになりました。どうしても分からない問題については先生が分かりやすく説明してくださり、理解を深めることができました。

受験前はとても不安になり、いろいろと考えてしまうこともありましたが、先生から頂いた過去問を解いたり塾のプリントを念入りに復習したりすることで徐々に自信が付いていきました。つらいこともありましたが、第1志望に合格したいという思いから勉強が習慣化され、努力したことが結果につながったとのだと思います。」


規定の回数と時間を確保して通塾してくれれば、結果を出します。
そういう塾です。
部活や送迎の都合に合わせて通塾して頂けます。通塾予定の日に都合が悪くなったら、別の日に振り替えて通塾できます。融通が利くとも言えますが、塾生にとっては「逃げられない、さぼれない塾」とも言えます。だから、入塾には覚悟が要るのですね。


高高合格体験記

以前のものですが、卒塾性の合格体験記を掲載しておきます。
彼は現在、ある有名大学の医学部で医師を目指して猛勉強しています。
入塾直後から実力テストの成績が急上昇したことを鮮明に記憶しています。


「私は齊藤塾で、問題集やプリントによる多くの類題などを解き続けることによって、自分の苦手な所や、出題のバリエーションを知ることができました。また、齊藤塾では、自分の苦手をなくすための演習プリントを用意してくれたのでひとつひとつ苦手分野を克服することができました。
このような体験から私が感じたことは、苦手な所を見つけるために、より多くの問題に取り組むこと、そして見つけた苦手な分野ではより多くの類題を練習することが重要であるということです。私はそのようなことを常に頭におき、学習を進めたことにより、学校で学習しているだけではなかなか見つけることのできない苦手を見つけ、それをなくす努力をすることができました。
その結果、実力テストの点数を60点くらい上げることができました。」
(高崎高校合格S君)

高女合格体験記

高女の合格体験記

過去の塾生のものの再掲です。


【高崎女子高校合格Mさん ・・・ 勉強の習慣化により集中力が増す!】

「私は中学3年生になり、増える応用問題に対応できず、徐々に成績が下がり、このままでは志望校に合格出来ないと不安になり、齊藤塾に入塾を決めました。齊藤塾に入る前まで、私は実力テストで29点を取るほど数学が苦手でした。齊藤塾では徹底して学校の学習の定着を目指し、たくさんのプリントを繰り返し解くことで、数学の苦手を克服することができました。同時に他の教科も安定した点数を取ることができるようになりました。
齊藤塾では私語は絶対禁止で、毎日3時間以上勉強しなければなりませんでした。慣れない間はとても辛かったけれど、毎日の通塾により、勉強を習慣化し生活リズムを整え、集中して勉強することが出来るようになりました。私が受験を乗り越えることが出来たのは、高崎女子高校に入りたいという気持ちを強くもち最後まであきらめなかったことと、齊藤先生をはじめ家族や友達の支えがあったからです。
齊藤塾に入塾してからは、人生で一番勉強しました。齊藤塾は勉強をするためにはとてもいい環境でした。そんな環境にいられたからこそ志望校に合格できたのだと思っています。齊藤塾は、私を大きく成長させてくれました。」

2020年前橋女子高校合格体験記・・・学年1位が自信になり、積極的性格に

2020年 前橋女子高校合格 Sさん・・・・学年1位で積極的性格に、トップ校すべて合格!

【合格体験記】

「私は中学でよいスタートを切りたいと思い、入学直前に齊藤塾に入塾しました。最初はもちろん先取り学習。中学に入ってからも一つ一つプリントをこなしていきました。そして初めての期末テストでは、二位に大差をつけて学年一位でした。みんなからすごいと言われ、私ってこんなにできるんだと自信がつきました。小学校で消極的だといわれていた性格も、それを機に、クラスの中心となって活動することが多くなりました。二年生になって、本格的に進路を考え始めました。私立、国立、公立。どれも興味があるし、行ってみたい気持ちがある。私に最終的な判断は「全部受ける」ことでした。その決断ができたのは齊藤塾の集中できる環境と、豊富な高校の過去問があったからこそだと思います。そして平日、休日とほぼ塾で過ごす生活を続け、結果は「すべて合格」。なんて名誉なことなんだろうと思いました。齊藤塾は私の成績だけでなく、性格も変えてくれました。もしあの最初にテストで真ん中くらいの成績だったら、そこで自分の評価を固定してしまったかもしれません。何事も最初が大切だと感じます。進学が決まった前橋女子高校でもよいスタートになるように、努力を重ねていきたいと思います。」


中学最初の期末テスト。
ここで勢いをつけられるかどうか。
それで中学3年間の流れが決まりますね。

つまり、高校入試の見通しがたつということ。

2020年 本庄東高校(特進選抜)合格体験記

2020年 本庄東高校(特進選抜)合格 Kさんの合格体験記

 「私は今日に至るまでの約5年間、齊藤塾に通塾していました。
私が所属していた部活動は活動の頻度が高く、なかなか勉強する時間を確保できませんでした。時には長期間の合宿で授業を受けられませんでした。その期間の学習が苦手単元となり、実力診断テストでは思うように結果を出せないことがありました。そこで私は塾に長時間通い、効率の良い学習を心がけることで苦手単元を克服しました。 このように塾で長時間学習することで苦手な単元を克服し、多くのテストで良い結果を残すことができました。
 特に夏期講習後の県内統一テストでは、県内十番以内の成績を取ることができました。その勢いのまま実際の入試でも特進選抜コースA特待を獲得することができました。中学校の期末テストでも、塾で様々な対策プリントをすることで常に高得点を獲得できていました。また齊藤塾での学習を長時間行うことで凄まじい集中力が養われました。
 これまで述べてきたように私が様々なテストでよい結果を残せたり、特進選抜コースに合格できたのは齊藤塾での齊藤先生によるご指導が大きな要因だと思います。私は物事を一度で理解するということが、とても苦手です。なのでもし齊藤先生による指導なしで学校での学習のみだったら、私は満足のいく結果は残せていなかったと思います。これからは高校という新しい場所での学習が始まります。高校での学習でつまずくこともあると思います。そんな時には齊藤塾での学習を思い出し、乗り越えて行きたいです。」




そうですね。
Kさんは努力の人です。
地道な努力で県内最上位、難関本庄東高校でのA特待獲得。
あっぱれです。

難関校でもトップ順位をキープしてくれることでしょう。
3年後が楽しみです。



プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント