FC2ブログ

ノート整理考


ノート整理の話。
ノート整理はやってはダメです。
遠回りの作業で、エネルギーを無駄に使うし、自己満足に陥るし。
何も良いことがありません。
ただ、この場合の「ノート整理」とは、参考書丸写しのような作業的なノート整理を指します。
作業に意味はない、と言っているのです。

「自分なり」に思考を整理するためのノート。
混乱しているものをまとめるためのノート。

これらはもちろんOKです。
ただし、これらのノートは自然発生的に作られるものであって、「さあ作るぞ」といって始めるものではありませんよね。
あくまでもメモ的なものです。これは自分だけの宝物になり得ますね。
しっかりと「完成」させて「最初から覚える」ような性質のものではありません。
その点、ご注意を。
念のため。

学びはあくまでも主体的なものです。
自分から動くこと。

睡眠

日本人全体が夜型になっていますね。

勿論、私も含めて。

成長ホルモンは寝ている間に出るのだそうです。

脳の発達にもどうしても必要なもの。

昼間活動し、夜は寝る。

この当たり前の生活を崩し過ぎるとあまり良いことはないでしょう。

昼夜逆転して試験勉強し、大失敗した経験を持つ私です。

限られた昼の時間に集中して学習する。

そして夜はしっかり寝る。

このリズムを守ることで学習効果が上がります。

集中読書

ある分野に興味を持ったら、その分野に関する書物を30冊くらい立て続けに読むことをお勧めします。
1冊1冊の主張が全く同じということはない。微妙にずれていたり、場合によっては正反対の主張だったりする。
著者の得意分野も少しずつ異なっていたりする。

しかし、

30冊くらい続けて読むと、その分野の問題点が「浮き上がって」来ます。
「全体像が見えてくる」と言ったらよいのでしょうか。
それによって、特定の著者の主張に影響されることなく、バランスの良い立ち位置が得られると思います。
それぞれの著者の考えの深さや、情報量も感じとれますし。

何らかの問題意識を持って書物を読んでも、その問題にストレートに答えてくれる書物にはめったに出会えません。まあ、それぞれの著者は私の疑問に答えるために書いているわけではないので。それでも、30冊くらい読むと、私のそれに近い問題意識をもっている著者もいたりします。

また、大多数の著者が私の疑問に触れてもくれない、というケーズでも、その事実が分かっただけでも大収穫です。

常に疑問を持ち、自分なりの考えを深める習慣は持ち続けたいものです。

受験生の家族

受験生の親ほど苦しいものはない。

子供の勉強について、自分ではどうすることもできないから。

だから、

我慢できずに一言多くなってしまう。

一言なら良いが、二言、三言、四言・・・



受験生本人ほどデリケートなものはない。

人生始めての経験。志望校と現在の実力とのギャップ。残された時間の少なさ。

追い詰められているからこそ、人の言葉に必要以上に敏感になっている。

特に、親の一言に。

親も子も、お互いに相手を変えることはできない。
変えることができるのは自分だけ。自分の行為は自分の意思で動かせる。

何とかして「相手の方を」変えようとするから難しくなる。

親を子を、子は親を。



受験生には、親の一言は剣のように突き刺さる。

さて、

公立高校後期試験が終了しました。
お疲れ様でした。
受験生本人もご家族も。
今年の試験問題を見て思います。
この問題を解くためにこの1年苦しい勉強に耐えてきたのか。
いや、そんなことはない、と。
入試があるお蔭で本気になれた。
自分でも信じられないくらいに頑張れた。
入試がなければこれほどまでに真剣にはなれなかった。
自分を成長させてくれた入試に感謝。
辛かったけれども、振り返ればこの1年の成長は他では得られないものだった。
入試には合格、不合格ある。
でも、この1年の成長は本物。
決して後戻りはない。
人生の宝石を手にした気分。

体で分かる

何かができるようになって自信がつくまでには、少し時間がかかります。どのようなプロセスでできるようになり、楽しさの体感に至るかについては「自ら体験しなければ分からない」性質のものです。いくら、他人に「説明」されても、体では分かりません。塾とは、その「体でわかる」ということを経験するために存在していると考えます。そう、齊藤塾に集う生徒達はその体験をするために集まって来ているのです。

自宅にいては得られない体験。ひとりでは決してできない体験。

勉強とは「苦しい」と「つまらない」の中間あたりの体験を続けるものです。ひとりで実行するのはなかなか難しい。だから、自立型学習塾は必要とされているのです。指導者の導きに従って、決してひとりでは手に入れられないものを得るために集う場です。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント