FC2ブログ

褒め言葉のシャワー


褒め言葉をシャワーのように浴びせかければ人は変わる。
褒めて褒めて褒めちぎれ。
どんな人にも最低ひとつくらい良いところがある。それを見つけ出して褒めよ。

そんな言葉が教育界には溢れている気がする。

確かに、全く自信喪失状態になった子には有効かもしれない。ちょうど、病気の治療に薬が必要なように。でも、薬は病気の時にだけ有効なのであって、常用してはいけない。薬と麻薬とは境界線が曖昧だから危険なもの。まだ、多用することで効能は限りなくゼロに近づく。

「それだけ病んでいる子が多いのだよ」
そう言われてしまえば、もう言い返す言葉はない。実際、病んでいる子は多いのかもしれないが。

「齊藤塾の塾長は塾生を褒めない人なのですね。変なポリシーで指導しているんですね」

そう誤解されては困る。誤解されないように慎重に話を進める必要がある。つまり、こうだ。人を変えたいというある「意図」を持って褒めることはやめよう、と言いたいのだ。下心のある褒め方はダメだ、というと強すぎるかな。

人を自分の思い通りにコントロールしようとして、褒めるという行為を「道具として」使うことをやめよう、と言っている。
私に言わせれば、コントロール系の方が変なポリシー(ポリシー以前ですね)だと思うのだが。

だから、私は塾生や自分の子供の良い点を一つでも見つけ出して、褒めるチャンスをうかがっている、などと言うことはない。意図的に褒めようなどとはしていないから。

では、私はどんな時に褒めるか。簡単なことだ。自然な感情の発露として褒める。つまり、つい褒めちゃう。そんな状況の時には決して我慢せずに褒めてしまう。そう、いたって自然。だから、褒めたいと言う気持ちにならない時には褒めない。だって、自分の気持ちに嘘をつくことになる。嘘つき先生はダメ先生だ。褒められる方も会心の状況にあるときに、自然な感情として褒めるから双方気持ち良い。

自然な感情の発露として褒めることに副作用はない。副作用とは何か。コントロールしようとして褒めるという上下関係の場合には、褒められようとして常に相手の顔色をうかがうようになる。これが副作用。自分中心ではなくて、相手中心の生き方。

中央中等教育学校合格!

本日、中等教育学校の合格発表日でしたね。

齊藤塾からも合格者が出ました!

齊藤塾から7人目の合格者ということになりますね。
努力が実りました。

残念な結果となった人も今回の挑戦で培った経験は今後に必ず生きてきます。
皆さんの挑戦はまだ始まったばかりです。

「私」と小論文


小論文のような体裁をとる文章を書く場合、自分自身の個人的考えであることは当然なのだが、それでも敢えて「私」一人の考えではないことを前提とした書き方をすべきだ。人を説得しようとする文章を書こうとする時には、「私」個人の意見であると受け取られる書き方はよくない。

「このように理屈を積み重ねれば。誰でも次のような結論に至るのだ」という体裁を取らないと説得力が半減する。読者に「それはあなた個人の考えですよね。私はあなたの考えとは違います」という態度を取られると、文章を書く者としてはつらい。

だから、小論文には「私」はあまり入れない方がよい。そもそも、この「私」が書いているのだから、「私」を入れる必要など最初からないのだが。
これは、問題に「あなた自身の考えを述べよ」という指示があったとしても同じだ。

「私」の入っている文章と、入っていない文章が手元にあったら読み比べて欲しい。どちらが締まった文章か。どちらが大人らしい文章か。印象が全く違うはずだ。

小論文には「私」は入れるな。こんな基本的なことから作文や適性検査対策の指導は始まる。

「ゆっくり理解」から「高速処理」へ

中央中等適正検査問題をみていると、「リーダー養成学校」が何を求めているかがよく分かります。

高速情報処理と周りの人達を説得して引っ張る力。

与えられた文章を限られた時間で正確に理解する。
そして、聞かれたことに対して「ど真ん中」の答えで勝負する。
勝手に自分の得意領域に引き込んだり、あらかじめ用意しておいた分野の話題を流し込んだりした人は即アウトですね。
言うまでもありません。

柔軟な対応力はリーダーにとって必須スキルでしょう。

では、これをどうやって養うか。

最初から高速処理を目指すのではなくて、まずは「正確さ」を重視する。
そして、徐々にスピードを上げてゆく。
この手順を踏むのが良いと思います。
スピードを重視しすぎるあまり、雑に処理するクセがつく。
このことだけは避けたいものです。

正確さが先。
次に高速処理へ。



適正検査対策

中央中等教育学校などの適正検査対策をする上で一番注意して欲しいこと。

それは、

言葉はなかなか伝わらない、ということ。

これは、面接でも作文でも同じ。

この最大の原因はトレーニング不足なのですが、まあ小6生が経験不足なのは仕方のないこと。
何の経験が不足しているのか。

勿論、「言葉は伝わらない」という経験。

一番伝えたいことなのに、それには一回だけ触れただけで終わり。
後はどうでもよい付け足しで余白を「埋める」。

小6生の書く作文はそんなのばかりです。

読者はキョトンとしているのですが、それに気づけない。

一番伝えたいこと、大切なことは繰り返す。
角度を変えて言い換える。強さや表現を変えて説得する。
600字程度の作文で伝えられることはひとつ。
そのひとつを伝えるために、話を丁寧に積み上げ、言いたいことは畳みかけて読者を高みにまで連れて行かねばならない。

これは基本中の基本です。
それなのに、トレーニング不足の子は、この根気のいる作業をほとんど端折って「ひとこと」で終わってしまう。
それで、伝わった気になっている。

「書いたから伝わっているはず」とでも思っているようだ。

そんなことはないということを体験させねばならない。
できるだけ早い時期にガツンと体験させるべき。
目を覚まさせる必要がある。

書物を読み込んでいる子には、そんな話もほとんど不要なんですが。
読書好きの子の作文は深みが違います。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント