FC2ブログ

水芭蕉の枯葉



水芭蕉の葉は枯れて茶色くなっています。奥の方に虫に喰われた大きな葉が残っていますが。
右に小さな池があるのですが、先日子供達が金魚すくいの参加賞(?)でもらってきた小さな金魚が数匹加わってだいぶ大所帯になりました。といっても、藻の影に隠れてほとんど見えません。酸素は十分に供給されていますね。

もう、夏も終わりですね。

近くの中学校では二学期が始まって一週間。
明日は早速体育祭です。

秋は祝日、振り替え休日などが沢山あります。上手に利用して通塾して欲しいと思います。

来春の高校入試について簡単に触れておきます。

吾妻、渋川地区は比較的競争率は低くなると思われます。
吾妻地区から通える高校で来春も倍率が高くなりそうなのは、高崎高校、高崎女子高校、高崎経済大学附属高校と高崎北高校ですね。これらの高校を受験予定の生徒は特に気を引きしめて学習して欲しいと思います。

前期試験で合格して早く楽になろう、などと決して考えないようにお願いしますよ。

前期試験は倍率も高いので合格はあまり期待できません。
あくまでも、後期試験一本に狙いを定めて長い戦いを勝ち抜きましょう。

1学期、期末テスト、中1地理の抑えどころ

地理の教科書で最初の方(東京書籍では42ページまで)の抑えどころを確認しておきましょう。
中1の1学期とはいえ、内容的には盛りだくさんですよ。覚えることが沢山あります。本来、世界各地の様々な環境で暮らす人々の生活に興味を持ち、彼等の生活を疑似体験できれば良いのでしょうが、期末テストではやはり「暗記」が主体になります。

あらゆる試験勉強では出題頻度の高い問題からつぶして行くのが常道です。ワークの基礎問題から確実に自分のものにして行きましょう。

メルカトル図法におけるグリーンランドとオーストラリアの面積比較の問題や東京からサンフランシスコまでの距離比較の問題は出題されるでしょうね。正距方位図法を利用した方位と距離を求める問題は必須です。ワークにあるレベルの問題で良いので確認しておきましょう。正距方位図法では大陸の形がゆがむので代表的な都市の位置は確認しておきたいものです。特に、東京からみたロンドンやブエノスアイレスの方位は問われるでしょうね。
緯度による寒暖の違いとその理由を太陽光線の当たり方から説明できるようにしておきましょう。
世界の地域区分については、差がつくのはアジアの区分です。東南アジア、南アジア、中央アジア、西アジアの区分がそれぞれどの国までなのかの確認はしておきましょう。特に西アジアや中央アジアは言葉として書かされる可能性もあります。
アフリカ州のまっすぐな国境線の理由、内陸国として話題になった国の名前くらいは確認しておきましょう。授業で取り上げられた国だけで良いかと思いますが。イギリスの4つの地域の名前は聞かれるかもしれません。「ユニオンジャック」は必須用語になりましたね。
「人々の生活と環境」の単元では、さまざまな環境で生活する人々の特徴を「覚える」必要があります。味わっているだけではダメです。テストでは暗記することが求められています。特に雨温図の特徴は覚えておきましょう。それぞれの環境に合わせて家のつくりを工夫したり、仕事を選んだりしています。太字の用語を覚えるのは当然です。ワークを反復することで、大切な用語はおのずと見えてくるはずです。ワークを反復するのが一番効率の良い学習法なのです。
気を付けて欲しいのは、教科書ではトピック的に扱っている話題でもテストには出題されるということ。とにかく教科書に書いてあることはすべて暗記するという方針で準備しておいて欲しいと思います。教科書編纂の趣旨からは少しずれてくるかもしれませんが、期末テストでは暗記力が問われてきます。しかたないことでしょうね。

齊藤塾では、周辺中学の部活が停止となり期末テスト直前ということもあって、中学生はほぼ全員通塾してテスト対策の勉強に取り組みました。集中している目はよいものです。今週は期末テスト週間なので早めに入室してくる生徒もいます。その日のテストが終われば、次のテスト対策に即座に切り替えることが肝心ですから。

期末テストが終わった生徒から次の学習に切り替えて行きます。特に中3生は次の実力テストも近いです。

3.11

今日は祈りを捧げる日です。

3年前の今日、恐怖の中でお亡くなりになった方々の魂が少しでも安らかになられることを祈ります。突然、家族を奪われ、3年前で時間が止まってしまった方に何をして差し上げたらよいのでしょう。生き残ったことで自分を責めておられる方にどんな言葉をかけて差し上げればよいのでしょう。気の遠くなるほどに時間が掛かるかも知れませんが、少しでも前に進んで欲しい、と祈るばかりです。


今日という日は、昨日亡くなられた方がどうしても生きたかった一日だ、と誰かが言ってましたね。
そうですね。その通りだと思います。

無駄な時間を過ごすことは、空から見ている魂達が許してくれません。そう思います。

3年前の今日は日本が変わってしまった日。
そして、変われないことがばれてしまった日。
いや、今からでも遅くない。ちゃんとしなければ魂達に申し訳ない。



(東大前期の発表がありましたね。高高は学校改革の成果が出たようです。「東大ショック」を改革のチャンスと捉えて、先生方が一つになって計画的に学校を変えてきた成果でしょう。中央中等もさすがです。そして、前高は・・・。)
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント