FC2ブログ

レベルを上げ過ぎず、下げ過ぎず

私が指導していて、一番神経を使うこと。

それは、目の前の塾生のどこを鍛えるか、ということ。
鍛えるべき分野は塾生一人一人皆違うから。

だから、使用するプリントの問題も塾生によってバラバラ。
膨大なデーターベースから、その日に最も必要な学習を選択します。塾生の時間とエネルギーを最大限有効に使うためですね。
プリントの問題に解き残しがあることが多いのはそのためでもあるのです。

レベルの上げ下げにも神経を使います。

上げ過ぎても時間とエネルギーが無駄になる。
下げ過ぎても同じこと。

丁度良いレベルの問題を大量に演習すること。
その丁度よさは一人一人皆違う。
今までの経験がものをいう。
それと塾生の強さ、弱さを見て、最後は勘のようなものにも頼ることもあり。

単元テストや実力テストの日程を睨みながら、最大限の結果を出すための最短距離を模索しています。

塾生に求められることは「素直さ」でしょうか。
私が日々自分に言い聞かせていることの一つは「しつこさ」でしょうか。

勿論、塾生達を信じています。
でも、しつこく鍛える。


さて、

明日は単元テスト集中日ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント