FC2ブログ

指導者も妥協せず

指導しているときに、私に「まあこの程度でいいか」という気持ちが少しでもあると、塾生を引き上げることはできません。一人一人の塾生に明確な目標設定は必要ですが、柔軟にその目標を微調整する必要に迫られることがあります。この時にも中途半端な「妥協」ではいけないのです。しっかりと「設定」すること。「ここまでは確実に」というように。

「ここまでは確実に」と「まあこの程度でいいか」には天と地ほどの隔たりがあります。

私の方に、妥協の姿勢が少しでもあってはいけない。
私の姿勢が塾生の成績に直結するのです。
私も日々戦っています。
私から「まあいいか」が排除されることで、塾生も真っ直ぐに自分自身と向き合えます。必死に到達目標を見据えることができます。

日々の指導は、塾生にとっても私にとっても、決して易しいことではありません。
当たり前ですよね。

塾長は結果で評価されます。
野球やサッカーの監督と同じですね。
厳しい世界です。
だから、うまくいった時の感動も大きいのです。
(このブログで、時々はしゃぎ過ぎるのもご理解ください。)

さて、9月後半。

涼しくなってくると、入試までの日数が急に気になり出します。

今日1日を充実させること。

焦れば焦るほど「小さな一歩」が支えになります。
どんなに絶望しても、少しだけ前に進んでおくこと。
ふて寝すれば、明日は後悔から1日が始まります。
少しだけ進んでおくことで、それが小さな支えとなるのです。

崖に突き出した小さな突起のような支え。
そこに足をかけて「グイっと」持ち直せるのです。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント