FC2ブログ

多忙なこどもたち

現代の子供達は多忙を極めています。

幼児期から、習い事等でスケジュールが満杯の子も少なくないようです。
学校は勿論のこと、スポーツクラブなどの習いごとも(勿論塾も)、当然大人が関わっています。
しかも、その成果の「見える化」のために、コンクールや試合、発表会等に向けての「追い込み」さえもあるのでしょう。

子供達には「子供達だけの」世界が必要です。

子供は放っておけば、発達段階に応じた遊びをします。
現代はそのチャンスが失われかねない状況かと思うのです。
空き地に行けば、誰かが遊んでいてその時に集まったメンバーで、即座にその日の遊びが決定する。
合議だったり、リーダー格が強引に決めたり、と。子供達の社会の中で自然にルールができ、あるいは軋轢を乗り越えて強くなったりと、様々な「もまれ方」をするのが子供達なのだと思います。

ずっと昔から、人はそうやって育ってきた。
多分、そうです。

それが、今は失われている。

一方で多忙な子供達。
一方で同世代の子供達にもまれるチャンス持てない子供達。
一方で大人からの虐待に怯える子供達。

良い学校に進学するためには、早めの準備が必要です。
それは当然です。
私もそういう仕事をしているのですから。
英語もパズルも早い方が良いのでしょう。多分。

ただ、それが絶対に失いたくない何かを捨てて得ているものだとしたら・・・・。

文科省が自信をもって推し進めた「生きる力」の指導要領。
その指導で育った人たちは、もうとっくに親世代になっているはずです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント