FC2ブログ

思考の原点

大半の学習行為は「考える」ということが主となります。

日本人は日本語で考えています。

ということは、日本人が考えるという行為を豊かに行うには、日本語が十分に使えるようになることが必須となります。日本語の論理構造把握から漢字等の知識に至るまで、土台固めとなるトレーニングが欠かせないのです。

では、その土台固めのトレーニングはどのように行ったらよいのか。

家庭、幼稚園、保育園または小学校低学年時の「読み聞かせ」がベースとなります。
読み聞かせの土台があって、初めて自分で読む、そして考えるという行為が可能になるのです。

読み聞かせの部分は、ITもシステムも及びません。
「人」がやるしかない。私はそう考えます。

だから、どうしても手間がかかるのです。
決してこの手間を惜しんではいけない。

だって、人の一生がかかっているのですから。

日本人がものを考えるその土台作り。
決して手を抜くことのないようにしたいものですね。

一日一日の小さな積み重ね。
豊かな時間の積み重ね。

まあ、優先順位の問題でもありますよ。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント