FC2ブログ

地味にコツコツの時代

今年ノーベル賞受賞が決まった日本人科学者のお二人には、共通点があるような気がする。

地道な研究をコツコツと進めるタイプ。
気難しく頑固なイメージではなく、なんだか「良い人」のイメージ。
勿論、良い人だけではノーベル賞は取れない。(当たり前だ。)
芯の強さがなければ忍耐強く研究を継続することは不可能だ。

それにしても、腰が低くて謙虚。

ある日突然、天からひらめきが舞い降りて来たのではない。
データーを積み重ね、地道に観察する。
サンプルをこまめに集めて丹念に調べる。
とにかく、地道にコツコツ。

ストイックというタイプでもない。
天才肌にも見えない。(失礼ながら。)

近年、日本人の受賞が続いているが、なんらかの挫折や失敗を経験している人が目立つ。
子供の頃から全国的にも有名な秀才という人はあまりいないようだ。

世界に貢献できる人は「地味でコツコツ派」。
そんな時代がやって来たのかもしれない。

勇気をもらったのは私だけではないと思う。

齊藤塾の塾生達もほぼ全員が「地味でコツコツ派」だ。
だから、確実に結果に結びついている。
皆、将来世界に貢献する人になれる素地は十分にある。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

【遠方の方も吾妻線を利用して、土日、祝日中心に通っている塾です。長時間の個別演習形式で鍛えて結果を出しています。お気軽にお問い合わせください。】

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント