FC2ブログ

ブームはブーム



昔、農家はその畑の広さがその豊かさを表した。
皆、広い畑に憧れた。
今や、耕作する人のいなくなった畑は草だらけ。
先祖の命を育んでくれた畑は、今やお荷物と化している。

バブルの頃。
理工系学部を卒業した多くの学生が金融機関に就職した。
モノづくりは時代遅れ。
これからはお金に稼がせる時代だ、とばかりに。
バブルは崩壊し、金融機関は再編を迫られた。

20年ほど前。大学の学部名には「国際」の文字が踊った。
外国語がもてはやされ、国際社会で活躍する人材を養成するとパンフレットには謳われた。
偏差値とは無関係に。
今、何故かカタカナ学部へと変容している。

農学部。
昔は理科系学部の中では1ランクも2ランクも下に見られていた。
動植物が好きな人がゆく学部。
就職がイメージできない学部。
そんな風に思われていた。
熱い熱いバイオブームが訪れるまでは。
今、農学部の学生が、長靴履いて牛や豚の世話に追われていると思う人はいない。
白衣を来て、研究室でバイオをやっているのが正しい農学部の学生だ。

医者や弁護士への道は相変わらず狭き門のようだ。
だが、果たして・・・。


「医者ぼうず」

『花燃ゆ』で覚えた言葉だ。時代が異なれば・・・。

さて、今は何だ。
福祉?医療系?

国立大学で文系、教育系が縮小されるのは必至だが。



ブームはブーム。
時代の流れは時代の流れ。

でも、君は君。
人生で何に携わるかについて、ブームに振り回されたくないものだ。

自分の心に素直に。

そのためには、何でもやってみるしかない。
自分の「意外な」得意分野に驚愕することさえある。
勿論、その逆も。

書物も助けになる。

そして、

それは簡単には見つからない。

だから、人生はワクワクだ。
いや、ワクワクの方を選ぼう。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント