FC2ブログ

動かないものを動かす



錆びついて動かなくなったネジ。

昔の人は知恵がありました。

錆びついた部分にわずかに油を染み込ませ、しばらく置いておく。
そして、少し動かしては様子を見る。

これを繰り返す。
決して無理はしない。ネジの声を聞きながら、少しやってみては様子を見る。

すると、

動かないはずのネジが動くことがあるのです。

知恵とはそういうものなんでしょう。

決して焦らない。
焦らないが諦めることもしない。
淡々としている人は、だから強いのですね。

動かないはずのネジが動いた時の感動は、その人自身のものです。
他人の評価などどうでもよい。

さて、

中体連の県大会が盛り上がっているようですが。
勝ち進んでいる人は悔いの無い戦いをして欲しいと思います。

ずいぶん昔の話ですが、私の勤務していた大手塾は、当時は8月から中3の夏期講習を実施していました。
中体連が終わって皆が「揃う」のを待っていたわけです。

個人塾はフットワーク軽くやってゆけます。齊藤塾でも、7月18日から中3生も含めて夏期講習モードの時間割になっています。今日はもう30日、一部の中3生は実戦問題の復習モードに突入しています。2サイクルが終わったわけです。私の言う「苦しい1回目」も終わり、「ちょっとつらい2回目」も何とかクリアーして、「そこそこ楽しい3回目」に入りつつあるわけです。順調ですねえ。勿論、個人差はありますが。

「学如不及猶恐失之」(『論語』より)

(学は及ばざるが如くせよ。猶之を失わんことを恐れよ。)

学んだことなんて、すぐに忘れてしますものです。何度復習しても安心できない。「学んだらそれを失うことを恐れよ!」と孔子さんが熱く警告してくれています。



中高一貫校を目指す適性検査組は鍵山さんの文章との格闘です。

「忍耐力はルールを守ることで養われる」

うーん、深いが。
経験豊富な大人でも、実感をもってこれを語れるものだろうか。
経験のまだ浅い小学生がどこまで深められるか。勝負です。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント