FC2ブログ

土下座

店員や店長、駅員などが接客等に不満がのある客から、土下座を強要されるという事件が増えているらしい。

その多くのケースでは、接客の不手際等は単なる引き金であって、客自身の方に多くの原因があるようだ。

孤独や職場でのストレス。

なんと、接客業の人もいたとか。

土下座の強要は、抱え込んだストレスの単なるはけ口。

これでは、同様なことが「負の連鎖」という形で広がりかねない。
いや、実際広がっているに違いない。

これって、いじめの構造と全く同じ。

大人も子供もストレスを抱え込んでは、自分より弱い人をターゲットにしてそのストレスを発散させているのが実態。
発散させる相手は人でなければならない。バケツを蹴とばしたのでは、十分には発散できないのだ。
だから厄介なのだ。連鎖しかねない。

パンパンにたまったストレス。それは出口を求めて張りつめている。だから、ちょっとしたきっかけさえあれば、一気に爆発してしまう。しかもそのきっかけは、発散させる者の目には如何にも「正当な理由」のように映る。

発散させる口実を求めている人にとって、弱い人の失敗は「救い」となる。発散させるに足る「正当な理由」が見つかったのだから。土下座を強要しながら、ほっとしているに違いない。次なる臨界点が訪れるまで、しばらくは楽になれるのだから。

さて、

もっと怖いのは、ストレス発散には弱い相手の失敗すら要らないケースもあるということ。一見幸せそうな生活をしていることそれ自体が引き金になることもあるということ。これについては、今日は触れない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント