FC2ブログ

体調管理と心の管理

昨日の記事で言いつくしているのですが、軽く補足を。

まず、睡眠について。

後期試験受験生は、12時までには就寝しましょう。
どんなに遅くても1時までには寝ましょう。

睡眠のリズムを整えることで、体も心もバランスよく作動します。ポジティブに行動できるということ。この時期、昼間に眠くなるような生活になっている人は要注意ですよ。

就寝と起床の時刻を決めることで、体と心に無理をさせなくて済みます。つまり、勉強以外の部分で体に無意味に負荷をかることがない。
後期試験受験生が苦しいのは9日までです。入試当日は自分の力の8割を確実に答案用紙に残して来るだけです。(欲をかく人は失敗します。)今どんなく苦しくても、その苦しみが一生続くわけではありません。時間が解決してくれます。期間限定だから頑張れますよね。

就寝と起床の時刻を決めることで昼間の「有限な」時間を最大限に使おうという発想になります。つまり、だらだら勉強しないでメリハリをつけて集中して学習できるようになります。

それと、もう一つ大事なことを伝えたい。

ハプニングは起きるものだということ。

入試直前に熱が出てしまう。そんなの想定済みです。
入試当日大雪になる。それも想定済み。
お婆ちゃんが入院する。想定済み。(そんなことがあっては困りますが、例えばの話。)

私は中学時代、陸上をやっていました。スタート直前にスパイクの紐が切れたことがありました。そんなもんです。普段、一度も切れたことがないのに。大人になってからテニスをやりました。試合前の練習でガットが切れました。何でこんなときに。まあ、そんなもんです。

何を言いたいか、何も言い訳にはできないということです。言い訳しても「誰も」聞いてくれないということです。そういう意味でも、入試は大人への階段を大きく上るチャンスなんですね。

以上、補足でした。明日以降も何か思いついたら補足します。

さて、今日も齊藤塾では塾生達が後期試験対策、期末テスト対策で自らと戦って行きました。冬型の天気。強風の中、遠方から通塾してきた塾生も。

後期試験の倍率が出ましたね。
前女は少し落ち着きましたね。トップ校ですからこのくらいは仕方ないですよ。これも想定内。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

【遠方の方も吾妻線を利用して、土日、祝日中心に通っている塾です。長時間の個別演習形式で鍛えて結果を出しています。お気軽にお問い合わせください。】

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント