FC2ブログ

高崎高校合格体験記

一昨日の前橋女子高校、昨日の前橋高校に引き続き、今日は高崎高校の合格体験記です。

夏休み前に入塾して、夏休み後には60点アップして学年1位になった塾生の話です。

では、どうぞ。

「私は齊藤塾で、問題集やプリントによる多くの類題などを解き続けることによって、自分の苦手な所や、出題のバリエーションを知ることができました。また、齊藤塾では、自分の苦手をなくすための演習プリントを用意してくれたのでひとつひとつ苦手分野を克服することができました。
このような体験から私が感じたことは、苦手な所を見つけるために、より多くの問題に取り組むこと、そして見つけた苦手な分野ではより多くの類題を練習することが重要であるということです。私はそのようなことを常に頭におき、学習を進めたことにより、学校で学習しているだけではなかなか見つけることのできない苦手を見つけ、それをなくす努力をすることができました。
その結果、実力テストの点数を60点くらい上げることができました。」
(2014年、高崎高校合格S君)


どうでしょう。

高崎高校後期入試のあの高倍率で合格を勝ち取ったのですから、とにかく最初から優秀な生徒だとお思いでしょう。勿論、潜在能力は十分にありました。しかし、入塾時点では高崎高校を受験できる力がつくか不安だったはずです。遠方の生徒で入塾したのは中3の7月でした。夏休み前の入塾面接で、私は高崎高校を受験するにはこの夏休みが勝負だ、などと強調した記憶があります。そして、私のアドバイス通り、彼は夏休みに勝負をかけてくれたのです。

入塾時に提出された資料をみると、中2の期末テストではなんと学年上位層にもいないのです。(もう少し具体的に書きたいのですが、個人情報ですので書けません。)とにかく彼は中3になってから目覚めたのですね。

齊藤塾では入塾直後から実戦問題で鍛えたのですが、とにかく順調に順位を上げ、第4回実力テストでは早くも学年1位を獲得しているのです。そしてそのまま第8回実力テストまで安定して高得点を維持し続けた。
結果は高崎高校後期入試合格。

確かにS君の記憶は正しかった。
入塾前の第2回校内実力テストと比較して1月の第8回実力テストでは60点上がっているのです。(第1回校内実力テストと比較すると68点も上がっています。)

きっと中学校の先生も驚かれたことでしょう。中2までの彼しか知らない先生は特に。「ちょと優秀な普通の子」という印象だったはずです。

言うまでもなく、高崎高校後期合格は彼の努力の成果以外の何物でもありません。でも、正しい努力の方向性を示し続けたのは齊藤塾だという自負はあります。私は指導者ですから。
5教科で60点上がれば世界が変わります。3者面談でも担任の先生から何も言われなくなります。後期試験がどんなに高倍率だとしても、偏差値が70を超えている人はめったに失敗しません。頭ひとつ出ている人は合格するのです。

彼の合格体験記では淡々と書いてありますが、とても重要なことが記されています。ひとつひとつ苦手分野を見つけてはつぶしてゆく、その地道な作業の繰り返し、です。ひとつ苦手を見つけてつぶす。また次の苦手をみつけてはつぶす。これだけ。

この地道な作業を繰り返した結果、夏休み後の第4回実力テストでは60点上げて早くも学年1位を獲得。
成績を上げるために必要なことって、なんとシンプルなんでしょう。

私がこのブログで何度も何度も繰り返していること。それを実践すればこんな夢のような結果が手にできるのです。私達の大半は天才ではありません。しかし、天才的に努力することは誰にでもできます。

「誰でもやればできるけれども、ほとんどの人がやらないこと」、それが努力です。苦手をひとつだけ見つけて、それをつぶすことは誰にでもできます。でも次の苦手を見つけてつぶす人は少し減ります。そして、その作業を昨日も今日も、そして明日も継続できる人は極めて少ないのです。それを継続するだけでライバル達はいつのまにか「消えて」行くのです。

この地道な作業を継続して短期間に結果を出して見せたS君は本当に偉い。私も彼の努力から多くのことを学ばせてもらいました。高高でも頑張っているとのことです。部活も勉強も。

これを書きながらしみじみ思います。本当にひとりひとりドラマがありますねえ。塾生の人生の重要なドラマに関わらせれもらえる仕事は私の天職だと思っています。

さて、最後はまた同じ名言(?)です。

努力とは継続のこと。継続とは今日もそれをすること。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント