FC2ブログ

貴重な土曜日

今日も業務報告だけにしましょうか。

朝8時から徐々に生徒が入室。前期合格した塾生は全国の過去問に取り組み、後期試験が残っている塾生はまとめワークで確認したり過去問に取り組んだりしました。この時期になると、確実に得点できる部分での失点を絶対にさせないようなアドバイス中心になりますね。特に、数学では雑問や後半問題の最初の小問あたりでの失点は致命的です。何度も念を押す必要がありますね。普段あまりうるさいことを言わない私ですが、つい同じことを繰り返し強調してしまいます。理科は基本的な問題が大量に出題される。社会は言うまでもなく記述対策が重要です。

後期試験まで二週間。今日も朝から夕方まで集中して学習していった生徒もいます。この二週間、集中できた生徒には大きなご褒美が待っています。後期試験が残っている生徒には残酷な二週間ですが、人生でめったにないシビレル二週間になるはずです。神様からの試練を神様からのご褒美に変えるのは受験生自身です。この苦しみは一生続くわけではありません。二週間です。悔いの残らないように取り組みましょう。

さて、

小学生については、学年のまとめに入っている生徒は総まとめプリントでの学習、単元テストが残っている生徒は単元のまとめを反復学習。教科ごとにプリントで指導しました。

中央中等では地元中学では出題されない単元が期末テストに出題されます。漢文、不等式などなど。プリントで対応しました。私立中生はやや期末テストが遅いので、念のため英語の単元の確認をしました。高校生は理系の科目中心の学習。

各中学とも、やっと期末テスト範囲が決まりつつあるようです。テスト対策プリントを配布する都合があるので、早めに決めて欲しいですね。今回もテスト対策は学校のワークや塾のワークをこなしてから塾のプリントに移行する予定です。生徒によってはワークを反復させた方が結果が出ますね。すでにワーク関係が終わっている塾生もいます。学習スピードには個人差がありますね。

ところで、

日本の子供達にスマホの普及が進んでいるようです。睡眠時間や学習時間の確保が難しいというようなことにならないで欲しいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント