FC2ブログ

教科書改訂



来年は小学校の教科書が改訂となる。

今回はいわゆる「小改訂」にとどまるそうで、前回のような大幅な変更点はない。教科書もちょっとした教材の差し替え程度にとどまる見通しだ。

それなのに、

ある教材会社が長年作り続けてきた教材の販売を来年3月で打ち切るという。採算が取れないからだと思う。

教材会社さんも大変だ。

少子化で生徒数は確実に減ってきている。そのうえ、学力差は広がり、教科書の種類も多い。猫の目のように変わる指導要領に対応して、気合いの入った教科書を作ってくださる教科書会社さんには頭が下がる。そして、改訂内容の情報をいち早く入手し、我々に提供してくれ、改訂に対応した教材を作ってくださる教材会社さんにも本当に頭が下がる。

商売として考えれば、少ない種類を作ってそれが大量に売れればそれが一番儲かる。しかし、もうそれが可能ではない時代になった。教材会社さんは様々なレベルに合わせた教材を作る。塾も一人一人の塾生に合わせて、利用する教材を変える。それが当たり前になってきた。

ただ、これほどまでに少子化が進んでくると、採算面を考えた時に、私達が期待している教材が作れなくなる恐れはある。正直、危惧している。

ここ2~3年。書店の参考書売り場がやや寂しくなったような気がする。特に、高校生用の参考書売り場。以前ほど多種多様な参考書をさまざまな出版社が作っているという印象ではなくなってきている。出版社の皆さんには是非頑張って欲しい。代ゼミ関係の参考書もフェイドアウトするのだろうか。寂しくなる。

高校生用ということでは地味だが堅実な参考書を作ってくれていたB社が、高校生用教材から撤退してもう数年経つ。今思うと、買い集めておいて良かったと心から思う。数年前とは指導要領は改訂されてはいるが、そんなこととは別に内容の良い参考書は私の宝だ。日々、書店で当たり前に目にしていた参考書が突然消えることがある。油断できない。

特に参考書関係は後からはほとんど入手不可能だ。
万一入手可能でも中古市場で数倍の値がつく。

だから、買える時に買っておくしかない。

そんな訳で私の部屋は、新旧の参考書で埋め尽くされることになる。


今日も齊藤塾では期末テスト対策のワーク学習をしました。ワーク提出のある教科もあります。早めに片づけておきたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント