FC2ブログ

努力は必ず実る

努力は必ず実ります。

理由は簡単。

努力を続けることが出来る人は一握りだから。

努力と継続とは同義です。

どんな小さなことでも良いから、続けようと決心したら続けることです。何故続かないか。多くの場合には、最初から大きなことを続けようとしてしまうからです。目標が高すぎる。私に言わせれば、欲が深すぎる。だから、継続するためにはできるだけ目標は低くする。絶対に継続できるくらい低くする。「継続すること」それ自体を目標にすること。

そうすれば続きます。つまり、努力できる人になれます。

スタート時点ではライバル達の多さにビビッてしまうようなことでも、ひるむ必要などありません。継続することそれ自体を目標にして「自分のペースで」続けるのです。周りなど気にせずにもくもくと。そうすると、不思議なことにいつの間にかライバル達が徐々に「消えて」ゆくのです。ライバルの方から「勝手に去ってゆく」ようなイメージです。どうして、彼らは消えてゆくのでしょう。

理由は簡単です。彼らには「継続」ができないのです。

どんなに彼らが最初意気込んでいたとしても、全く心配ありません。自然と消えて行きます。どうもこれは自然の法則のようなのです。通信教育などが良い例ですね。ちゃんと卒業する人のなんと少ないことか。学校でも同じ。日本の大学だって、アメリカの大学のように到達を厳しくすれば卒業にたどり着ける人は激減します。だから、通信教育で大学を卒業して大学院に進み、現在東大の教授をされているY先生は学びの本質をご存じだったのでしょうね。

3日坊主とはよく言ったと思います。人は3日もすると、「今日は都合が悪くって」とか「今日は他に用があって」とか言い出します。最優先すべき勉強の優先順位が下がり始めます。「勿論勉強は最優先なんだけど、でも今日はちょっとできないんだな」などと言って勉強を後回しにします。今日の分まで明日やろうと考えます。一見簡単だから甘くみるのかもしれませんよね。「ここ一番踏ん張らねば」などというほど苦しい話ではないので、よけい甘く見るのかな。

この小さな妥協をする人と、しない人では学習に対する「質的」な違いが存在します。覚悟と言い放ってもよいような違い。たまに出会う「最初から目が違っていた」というような人にはこの覚悟があります。途上国からの留学生の中には時々いるようですね。

大人に聞いてみてください。何か一つでも継続していることがあるか、と。

私達は天才にはなれませんが、努力の天才にはなれます。そして、努力とは「継続」を指します。継続とは、継続できるレベルまで下げた目標を「必ず毎日」続けることを指します。

そして、このことを実行できる人はほんの一握りなのです。勉強できる人になる方法はこんなにも単純なのです。この単純なことができる人は一握りなのです。呆れるほど単純なことなのに、できる人は一握り。やれば良いのに大半の人はやらない。そして「60日で偏差値を10上げる方法」などの記事に飛びついたりします。ラクを求めればそれだけ遠回りになることも知らずに。

こつこつと私の言う「努力」を続けて結果を出した人に「成績が上がる『秘訣』を教えてくれ」などと聞いたりします。なんか滑稽ですよね。

だから努力が習慣化できている人が一番強いのです。

夏休み前に入塾したある齊藤塾塾生。数学が苦手でした。一つ一つの私の課題に対して妥協ぜずに取組み、こつこつと復習を続けるという「努力」を続けました。そして今回の中学校実力テストでは、数学が学年2位になりました。事実ですから、お伝えします。本人が特定できないレベルで。小さな小さな積み重ねの勝利です。努力は必ず実を結びます。大半の人が途中でやめるから。

「努力とは今日もそれをすること」

名言ですねえ。

私が考えました。(笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント