FC2ブログ

勉強は孤独に

齊藤塾は自立型学習塾

ときどき県内外の塾長さんが齊藤塾を訪問してくれます。彼等が例外なく驚くのはホワイトボード上に書かれてある「私語1回で退塾」の文字。確かにこれは全国でも珍しいと思います。私は齊藤塾以外に例を知りません。

「ずいぶん厳しいんだねえ。」「今までにこれで何人退塾になったの。」「うちならまず塾長からクビになるなあ。」「勉強に関係のある話なら許可しても良いのではないか。」など、反応はさまざま。

齊藤塾の塾生なら分かると思いますが、黙って勉強だけするのはそれほど苦痛ではないですよね。だって、塾は勉強をするところなのですから。それに、勉強が少しでもはかどるということは楽しいし自信にもなる。他の学校の生徒と楽しく情報交換したり、塾でしか出会えない先輩、後輩との交流もそれは意味のあることですが、それが勉強の妨げになる可能性が少しでもあれば私は認めたくないのです。「友達どうしで教え合った方がよく分かる。」という生徒も少なくありません。でも、私の二十数年の経験から言える結論、それは

勉強は一人でやるものだということ。

私は塾生に「強く」なって欲しい。強くなるには自分と真正面から向き合って逃げずに腹をすえて勉強に立ち向かうしかないのです。「自分の弱さに立ち向かうしかない」といってもよいでしょう。

キーワードは「孤独」です。

友達同士で和気あいあいと勉強することは短期的には成果が出ますが、決して本当の力にはならないのです。つまり、強くなれないのです。ということは、入試では勝てない。齊藤塾の塾生が最後には勝つのはその「強さ」のためです。入試の会場で受験生は紛れもなく「一人」なのです。だれも助けてくれないのです。孤独に自分と向き合ってみると、「自分って結構頑張れるし捨てたものじゃないなあ。」と思うはず。 自分が少し好きになれます。でも、一人では乗り越えられない大きな障害物は塾長の私の手助けで乗り越えましょう。

自立型学習塾は結果が出る塾です。
これが、私がこんなにデリケートな指導法にこだわる理由です。

今日はコマーシャルだか自慢だかアピールだか分からない内容でした。
お読み頂き、感謝します。

今日も、明日の公立高校後期入試に備えて中3生が最終チェックに来ていました。
明日は受験生達の実力がしっかり出ることを祈ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント