FC2ブログ

寝る子は受かる



私自身、受験で失敗の許されないところまで追い込まれた時、まずやったことは「寝る時刻と起きる時刻」を決めることだった。

勉強が思うように行かない人は、生活習慣が乱れている。食生活、睡眠時間などの習慣が日々ばらばらなのだ。これでは体の方がどまどってしまう。

特に睡眠は大切だ。

寝ている間に脳は頭の中を整理する。この時間を十分に確保することで学習効果は飛躍的に伸びるという。

十分な睡眠時間を確保することで、昼間の学習時間に集中できる。

結果を焦る人は夜更かしをし、生活リズムを狂わせ、昼間に頭が働かない。
そして、自己嫌悪に陥る。
「自分はなんて根性がないんだろう」と。

根性がないんじゃあない。睡眠時間が足りないのだ。

受かりたい人は寝ましょう。「寝る子は受かる」だ。

十分な睡眠を確保することで、体の方が勉強に味方してくれる。

体が悲鳴をあげているときには勉強どころではないのだから。

生まれたときから夜更かしが習慣化している人も多いようだ。
これは勿論、親の責任。
でも、そうも言ってはいられない。

受かりたい人はまずは寝る時刻と起きる時刻を決めること。
そして、有限の昼間の時間を有効に使って学習すること。
その有限の時間に最大限の努力をしたら、その結果は素直に受け入れること。
そういった腹が据わった状態になった人が一番強い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント