FC2ブログ

明日は英検ですね。



この葉っぱの一生も、もうすぐ終わろうとしています。
一枚の葉っぱ。
良く見ると綺麗なものですね。普段は見過ごしている葉っぱですが、写真に撮ってみるとなんだか愛着が湧いてきます。桑の葉でしょうか。一枚一枚が皆同じで、しかも皆違う。自然とは不思議なものです。

サラリーマン講師時代、あまりの多忙さのために秋の紅葉など全く視界に入ってきませんでした。
春の桜も。
そんな人間が、子供達の心に響く言葉を発せられるとは思えません。


中学生達は明日10日の放課後に英検の受験があります。
それだけでなく、一部の生徒には単元テストや実力テストも実施されます。
中学生の生活は多忙を極めています。今の時代、限られた時間で成果の上がる「効率のよい」準備ができる人が勝つようですね。「そんなの嫌だ」という人は「負け組」になるのでしょうか。

中3の10月。私も多忙でした。
英検。校内写生大会(これは絶対に譲れないものでした。)。駅伝県大会(28日まで毎日3000m以上の練習。)。習字コンテスト(農協主催。これも絶対に譲れなかった。)。
いつ受験勉強していたのでしょう。

実力テストの準備と並行して英検の対策をするのもきついとは思います。ただ、やるしかありませんよね。特に今日は英検前日ということで、英検対策に比重を置いて学習した塾生が多かったのです。

英検についてはいろいろ言いたいこともあるのですが、今日は書きません。


さて、

今の日本。悲しく寂しい事件が多発しています。

このような事件に向き合う時。日本人から「何故?」という質問が発せられることはまれです。簡単には答えが出ないであろう難しい問題に直面した時には、あえて「何故」という質問をスルーして、事件の表面だけを「消費」する癖が沁みついてしまっているようです。

私はどこまでも何故何故と問い続ける「変人」であり続けたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント