FC2ブログ

反復の実行

今日もいつもの話。

私達は反復学習で、「考えなくても手が動く」というレベルを目指します。
気がつくと問題が解けている。しかし、どうやって解いたか記憶にない。

そんな、境地。

解けた喜びがあるうちは、まだまだ素人です。
何度も手が止まる人は素人の足元レベル。
苦労してやっと解いた、という人はそれ以下。

問題が解けているのに意識が飛んでいる。
自分が解いた、という記憶がない。

そんな境地になった時、問題を解けて喜んでいるというレベルから、自由に思考し、あたかも遊んでいるような境地が見えてくるのです。外から与えられた問題を、受け身的に「処理」し「対処」し「解決」している自分から、主体的に学習に取り組み「遊んでいる」境地へ。

一見無味乾燥な反復学習の先には、そんな楽園が待ち構えているのです。

齊藤塾の指導方法については、このブログで何度も「公開」をしてきました。

塾にとって指導方法は門外不出。
それを塾長自ら公開してしまって大丈夫なのか。

企業秘密ともいえる指導方法。
それを惜しげもなく公開する。

何故、そんなことをするのか。

理由は簡単です。
誰も真似しないから。
もっと正確に言えば、誰も真似しようと思わないから。
長年塾で指導している人ならなおさらでしょう。

やれば良いと分かっていることでも、やらない人が大半なのです。

やるべきことだと分かっていること。
やるべきだと誰でも知っていること。

こういうことは、

大半の人がなかなかやろうとしないものなのです。

だから、やった人が際立つのです。

やるべきことを淡々とやる。
このことの重みを知っている人だけが実行するのです。

勉強も同じですね。
例えば、高校数学。
『青チャート』を何度も反復すれば上位大学の合格点に達する。
そんなこと誰でも知っている。どこの高校の先生でも言っているし。
『青チャート』なら全国どこの書店にでも置いてあるでしょう。

でも、

反復学習を実行している人がどれくらいいるものか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント