FC2ブログ

祖先が生き延びてくれて今の私達がある

食い物を食う。

食い続けない限り、私達は生き延びられません。

昔、平地の作物が不作の年は、人々は山に登りました。平地が不作の年は山が豊作。皆それを知っていたのです。

人々は木の実を採って来て、命をつないだのです。そうやってつないだいでくれた命がこの私につながっている。不思議な気持ちになりますね。

栃の実なんて、アクを抜くだけでも大変な苦労だそうです。しかも、栃の実だけでは食べられない。栃餅といって餅に混ぜて食べた。餅の量を増やすために、気の遠くなるほど栃のアク抜きをしたのです。

そうやって先祖達は命をつないできた。

毒があると言われているヒガンバナの球根も、アクを抜いて食べた。

本当に本当に困った時にそれを食べる。

その時のために普段は決して手を付けない。

毒がある。
不吉な花だと言って。

祖先たちは守りべきものを守って来たから生き延びた。
そして、今の私達がある。

・・・・・私達はどうする。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント