解くスピードは徐々に上げるもの

問題を解くスピードは徐々に上げてゆくものです。

「最初から」速さを求めるのは危険です。

理解が中途半端なうちにスピードだけ上げても、自分の力にはなりません。

分からないこと。
理解できないこと。
ぼんやりしていること。
うまく捉えられないこと。

これらのことに対しては、真正面から取り組む意欲が湧くはずがありません。

数学の計算。
英語のリスニング。

速さが期待される時代ではありますが、まずはゆっくりと理解する。
そして、「分かってから」そのスピードを上げてゆく。
徐々に上げてゆく。

スポーツでも型を学ぶときには、一つ一つ確認しながら身につけてゆきます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント