「ゆっくり理解」から「高速処理」へ

中央中等適正検査問題をみていると、「リーダー養成学校」が何を求めているかがよく分かります。

高速情報処理と周りの人達を説得して引っ張る力。

与えられた文章を限られた時間で正確に理解する。
そして、聞かれたことに対して「ど真ん中」の答えで勝負する。
勝手に自分の得意領域に引き込んだり、あらかじめ用意しておいた分野の話題を流し込んだりした人は即アウトですね。
言うまでもありません。

柔軟な対応力はリーダーにとって必須スキルでしょう。

では、これをどうやって養うか。

最初から高速処理を目指すのではなくて、まずは「正確さ」を重視する。
そして、徐々にスピードを上げてゆく。
この手順を踏むのが良いと思います。
スピードを重視しすぎるあまり、雑に処理するクセがつく。
このことだけは避けたいものです。

正確さが先。
次に高速処理へ。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント