FC2ブログ

八ツ場ダムに一番近い塾



齊藤塾は八ツ場ダムに一番近い塾かもしれません。

そう、民主党政権がそのスローガン「コンクリートから人へ」で中止に持ち込もうとしてできなかった象徴的公共事業。

八ツ場ダム。まだ、本体工事には入っていませんけど。

写真はJR吾妻線の付け替えに伴ってかけられる鉄道橋です。10月頃には電車が通るのかな。上下線とも1時間に1本程度しか走っていない路線です。最近、私は折り畳み自転車をかついて、吾妻線を利用して前橋や高崎まで出かけるようになりました。吾妻の高校生が渋川、高崎、前橋まで通学できるのはこの吾妻線のおかげです。ありがたいことです。

齊藤塾の塾生でも通塾に利用している生徒が少なくありません。塾に来るときには電車を利用し、帰りは保護者の車という通塾方法の生徒も複数いますね。やはり、遠い生徒にとっては片道でも電車が利用できれば、送迎の人は助かりますよね。そういえば、都市部から電車で通塾してくれた生徒もいましたね。

今日は高校生と一部の私立中生は期末テストの勉強、他の中学生は復習する生徒と、明日の単元テスト対策の生徒と半々くらいでしたか。例によって、期末テスト直後の単元テストです。

中3生でテスト関係が落ち着いた人は、次回実力テストの対策学習に入りました。今度は中1、中2全範囲がテスト範囲となります。実力テストも徐々に本格的な受験用テストの様相を呈してきました。テストらしいテストの準備をどこまで詰められるか。私にとっては面白くなってくる時期ですね。

今日から塾生に夏期講習の予定を渡し始めました。例年通り、通塾日、通塾字時間を生徒自身が選ぶという形です。部活練習、県大会、学校の補習、高校見学などの予定に左右されずに通塾できるように配慮したものです。自由がきくからこそ、自分に厳しい生徒でないと続かないやりかたかもしれません。学習時間もやたら長いし。

世の中、誰かに強制して欲しい生徒ばかりですから。大人もそうかな。

でも、そんなのつまらないですよね。

コンクリートのようにガチガチの強制では頭も働きませんよ。これからの時代は人間にしかできない柔軟な発想が求められますから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント