FC2ブログ

中学生、1学期期末テスト、英語

英語については、学年問わずやるべきことは決まっています。

音読やディクテーションが有効であることは言うまでもありません。
外国語学習でこの二つは必須です。様々な道具が開発されているのですから、使わない手はないですよね。

デジタル音楽プレーヤーに取り込んでディクテーションするくらいのことは誰でも簡単にできます。
やってください!

音読などはさらに簡単。

語学は音から入りましょう。これはあまりにも当たり前のこと。

さて、それを踏まえた上で絶対に高得点できる学習法を伝授します。
と言ってもいたってクラシックな方法です。
多くの塾でやっていることでもありますので、何も目新しいことはない。

教科書の本文を日本語に直す。その日本語を見てそれを英語に直す。その英語を教科書本文と照らし合わせる。それだけです。この繰り返しは絶大なる効果があります。
他の教科の学習が忙しい人でもこれだけはやって欲しいと思います。絶対に結果が出ますよ。

それさえもできないという超多忙な人(本当はそんな人はいないはずですが)はワークだけは完璧にしておきましょう。なんだかいつもの結論になってしまいました。まあ、これは他の教科の学習方法と同じですから、なんだかつまらないですよね。語学学習の醍醐味を感じられませんので。

だから上記の日本語訳と英語訳の間を行ったり来たりの学習は是非やって欲しいと思います。

特に中1生は単語カードは作りましょう。英語に慣れるまではどうしても必要なことです。注意点をひとつ。あまり、凝らないこと。凝りすぎると他の教科の学習時間を奪ってしまいます。限られた時間で要領よくテスト準備するという課題が与えられているわけですから、一つの教科にこだわりすぎるのはいただけません。

本日、第2回中3塾内テストの結果を返却しました。前回よりも偏差値を落とした生徒もいましたね。部活や修学旅行で準備不足だったからでしょうか。それでも、第1志望高校内順位が1桁の生徒が5名ですから、まあ検討していると思います。
県内6291名中16位の生徒は大健闘ですね。県内1桁順位を狙って欲しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント