FC2ブログ

隣の人と同じ意見?

「隣の人と同じ意見です」

小学校の学級会ならば、これも許されるかもしれません。

しかし、

今後はアクティブラーニングの時代になります。
プレゼンの時代になります。

今後はこの言葉を発しただけで「意欲無し」の烙印を押されてしまうかもしれません。
実際、本当に隣の人と同じ意見だったとしても、ですよ。

同じ意見なら同じ意見で、補足説明を付け加えるとか。
支持する理由を熱く語る、とか。

そうしななければ「評価に値しない」と言われかねない時代が来ています。

好むと好まざるとに関わらず、ですよ。

これは、日本人の平均的な振る舞いとは矛盾する部分も多いですよね。

「伝統的な」日本人の振る舞いと矛盾しかねない。
今後は「出る杭」になって初めて評価の対象になりうる。

少なくとも、教育現場ではそんな姿勢が期待される時代になって来ているようです。

日本国内だけでは用が足りなくなるし、外国人と自然にコミュニケーションをとることが期待されるからです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント