FC2ブログ

中1生の期末テスト準備

中1生には特に次のことを強調しておきます。

1学期の期末テスト準備は完璧にしておいてください。

地元の公立小学校に通っていた生徒は本格的な定期テストの経験があまりありません。特に吾妻地区のように、中間テストのない地域では今回の期末テストが初めての経験となります。悔いのないよう準備をしたいものです。

テスト対策の基本は「反復」です。この当たり前のことができない生徒は厳しい結果を覚悟しておいてください。

問題集の1回目が終わらないうちに期末テストに突入してしまうなどは論外です。最低3回は反復しましょう。学校で購入した問題集はもちろん、塾用ワーク、塾用プリントなども反復が基本です。塾に通っていない生徒も、学校購入の問題集のほかに1冊くらいは標準的な問題集を書店などで購入してテスト準備用に使って欲しいものです。期末テストで出題される問題の出題内容は毎年ほぼ同じです。学校ワーク、塾用ワーク、市販の問題集などの「期末テスト対策問題」と同じような問題が出題されると考えてよいでしょう。(群馬では附属中と中央中等はもっと難しい問題が出ますよ。)
今回が初めての定期テストになる生徒は不安を感じていることでしょう。どんな問題が出るのか、どのような準備をしたら良いのか、どのくらいの点数を取ればよいのか。

その答えは。

問題集の定期テスト対策のような問題が出題されるということ。最低3回は反復して準備すべきだということ。トップ校(前高、前女、高高、高女)を志望している生徒は最低でも各教科90点以上が必要だということ。

やるべきことは決まっている。問題集の1回目が終わらない人には3回目は訪れませんよ。くれぐれも。

今日はとりあえず中1数学の注意点だけ書いておきます。
正負の数の四則計算の問題が一つの山場です。特に累乗がらみの問題はしっかり途中計算をかく癖をつけておきましょう。小学校までは暗算で解く癖がついている人も、これからは途中の式を必ず書いてください。正負の数の四則計算を暗算で解いたとしても、その人は特にに偉くはありません。
指数が括弧の外にある場合と数字の右上すぐにある場合の解き方の区別は必ず出題されます。完璧にしておいてください。応用問題では仮平均の問題は出るでしょうね。しっかり途中の式を書いて計算したいものです。意外な落とし穴は教科書最初の方のプラスやマイナスを使って表現する問題です。計算が満点でこの部分を落とす人が時々います。もったいないことです。

応用問題で差がつくとすれば、次の二つでしょうか。
一つは「aが生の数、bが負の数のとき、a+b, a-b, b-a を小さい順に並べなさい」のような形。具体的な数字で考えればよいでしょう。くれぐれも見た目に惑わされないように。
もう一つは「じゃんけんで勝ったら+3点、負けたら-2点、あいこの場合は除いて10回記録したとき・・・」のようなゲーム問題でしょうか。
いずれも一度やったことがあれば簡単なのですが、期末テストで初めて見た人はちょっと焦るようです。しっかり準備しておきましょう。
一見仮平均の問題に見えて、その表が「前の人よりも何点多いかを記した・・・」という問題のことがあります。問題を読まずに解いて全滅、などということのないようにしましょう。
文字式の最初の方が出題範囲に入っている学校の生徒は、この部分の基本的問題は全勝したいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント