FC2ブログ

オーソドックスが最短距離

本日は校内実力テスト学年1位の報告を受けました。
これで学年1位生は2人目です。

コンスタントに1位を獲得し続ける塾生達。
努力が継続でき、習慣化している証です。

努力とは、継続のこと。
継続とは今日もそれをすること。
これが習慣化された人は最強です。

さて、今日は「オーソドックスが最短距離」という話。

この仕事を長く続けていると、楽な解き方、近道ともいえる解き方、凄いテクニック等々に出合うことも多々あります。
塾とは、そういうことに精通している人が、学校では教えてくれないことを伝授する場だ、と捉えている人もいるかと思います。

確かにテクニック的なことはあります。
ありますが、それはほんの一握り。
そして、特殊なケースが大半です。

殆どの問題は、オーソドックスに解くのが一番の近道です。この仕事を長くやればやるほどそのことを再確認することが多くなります。楽な道があるのでは、と考えるその姿勢そのものが遠回りを助長するのです。

誰でも思いつく普通の解き方。
どの先生でも指導するであろう当たり前の解き方。
どの参考書にも載っている、ありきたりの解き方。

それにどれだけ精通しているか。
ぶれずに普通の解き方で真正面からの解法でアプローチできるか。

受験生はそこが勝負なのです。

そして、

社会が求めているのも、そういった人材なのです。
期待されている普通のことが、限られて時間内に期待通りのクオリティで実現できる人材。

オーソドックスな仕事が確実に実現できること。
これが本当の実力なのです。
そして、これを確実に実現するには大量の演習量に支えられた足腰の強さが求められるのです。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント