FC2ブログ

前橋育英高校S合格、合格体験記

今日は、2016年に前橋育英高校にS合格したMさんの合格体験記を掲載します。
再掲ですが、お読みください。
前橋育英高校S合格は前高や前女への合格がほぼ間違いなしというレベルです。
育英S合格を目標に齊藤塾に入塾したMさん。当初の目標を見事に達成しました。


【前橋育英高校にS合格したMさんの合格体験記】

「私がこの塾に入塾した頃は、学校で実施される実力テストで400点もとれないくらいのレベルで、元々は前橋育英の2類を第1志望にしていました。その後、齊藤塾で学習し、志望の2類よりも上の、しかも1番上のSランクで合格することができました。
私は小学校の時から数学が苦手で、自分でどれだけ勉強をしても点数を上げることができませんでした。しかし、入塾してから受けたテストでは、学年11位から学年1位になることができました。塾では主に繰り返しの勉強法だったのですが、このおかげで公式ややり方が身についたのではないかと思います。
齊藤塾の教室に入れば、勉強する環境が整っていて、全員が自分と向き合いながら勉強しています。このような環境で勉強できたことが、志望校合格につながったのだと私は思います。」

何も付け加えることはありません。

齊藤塾の指導方法については、合格者に語ってもらうのが一番ですね。確かに数学で学年1位になっています。それと、実力テストでは、2学期後半のテストで春の時点での得点よりも80点以上も上がっていますね。この勢いのまま、入試直前に過去問演習を積み重ねたことがS合格につながったのだと思います。S合格のMさん。親孝行ですよね。育英高校を学力で引っ張ってゆく人材になることでしょう。大学入試が楽しみです。
これだけの力があるのに何故、前女や高女を目指さなかったのか。その質問には「本人が行きたい高校を目指すのが一番良いこと」と答えています。苦しい受験勉強に耐えられるのは、夢があるからです。夢の実現のためには受験生はどんな困難も乗り越える力を持っています。「育英は前女ではない」。前女では実現できないが、育英でなら実現できることが沢山あるのです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント