FC2ブログ

読書はコミュニケーションの準備

「読書はコミュニケーションのための準備」

佐久長聖中学の入試過去問の中にこんな言葉を見つけました。

書物を読んだら、その内容について人に説明してみること。
うまく説明できない自分がいる。勿論、相手が理解してくれるはずもない。
説明している本人が分かっていないのだから。

そこで、その書物をもう一度読み返す。少し、理解が深まる。「分かっていなかった自分」から1段階上の理解を獲得した自分がそこにいる。それで、もう一度人に説明してみる。

今度は別の所でつまずく。

これを繰り返すうちに、当初よりも数段深い理解に到達していることに気づく。

読書をきっかけにコミュニケーションする。
そのことで、その書物への理解が格段に深まる。

何故、理解が深まったか。

人に説明しようとしたから。

勿論そうなのだが、その前に自分の読書体験に耳を傾けてくれる人がいてくれる、という事実。
この重みと有り難さを強調しておきたい。

コミュニケーションによって深みのある読書体験が獲得できる。
一人だけで読んで終わり、ではないから読書の質が上がる。

読んだら考える。

それだけではなかったのだ。
読んだら、人に伝える。そして、コミュニケーションを通して深い理解に到達する。

「読んだら、コミュニケーションする」



さて、


塾の方は今日から通常に戻っています。
本日が通塾初日の塾生も全開で学習してゆきました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

【遠方の方も吾妻線を利用して、土日、祝日中心に通っている塾です。長時間の個別演習形式で鍛えて結果を出しています。お気軽にお問い合わせください。】

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント