FC2ブログ

仕事

仕事とは「すでに出来上がっている社会システム」の小さな歯車の一つとなって、責任を果たすことを言う。そのためには期待されていることがこなせなければならない。期待されていることはできないが、これなら得意だなどと繰り返す人が社会システムの担い手として責任ある仕事ができるとは到底思えない。そう、仕事には責任が伴うのだ。個性と責任という二つの言葉、この二つの距離は遠いように見える。

「私はこんな人です」などといくらアピールしても、あくまでそれは参考程度だ。大切なのは君にはどんな仕事ができるかだ。そのことの大半は「君にしかできないこと」ではなく「他の人でもできること」なんだ。他の人でもできることのクオリティーを上げて、他の誰かではなく君自身がその仕事を勝ち取るしか君が生きる道はない。

誰にでもできることのクオリティーを上げること。仕事の速さと正確さを上げること。これって受験勉強と同じではないか。受験勉強で期待されることと仕事で期待されることとはかなりの部分でダブるのだ。受験勉強なんて将来役に立たないという人がいるが、それは間違いだ。

「仕事がないなら、君自身が仕事を作り出せば良いではないか」などと言う人もいる。IT関係を中心に、過去にはなかった仕事を作り出して活躍している人達は沢山いる。ベンチャーの時代だと言われている。NPOに飛び込む人も多いと聞く。彼等の豊かな発想力で新しい仕事を生み出すその勢いには敬服する。数少ない成功者だからこそその勇気とエネルギーを称えたい。

だが、大半の人は今現在ある仕事、今現在ある会社を選択することになる。その時に君に期待されているのは君の個性ではない。一定以上の仕事のクオリティーだ。正確さや速さだ。

「個性の時代」に自分探しをしてきた人達の多くが、今働きながら資格取得を目指している。どうやら、自分が誰かわかる前にまず生活をしなければならなくなったようだ。彼等を笑っているのではない。塾業界の人の大半が紆余曲折の末今の仕事のたどりついている。私は大学3年時にはほぼ決めていたので早い方だろう。人生、そんなにうまくはゆかない。彼等を笑っているのではない。むしろ、気づいてやり直そうとしているその勇気を称えたい。応援したい。もっと言えば、彼等の頑張りからエネルギーをもらっている。

出来上がった社会システムに受け入れていただくために今の勉強はある。自分はこんな人です、とアピールする前に社会システムの小さな歯車になること。誰にでもできる仕事をそのクオリティーにおいて他者を凌駕し君が仕事を勝ち取ること。そうやってこれから君は生きてゆく。好むと好まざるとにかかわらず。

宙ぶらりん

すっきりしない、何だか宙ぶらりんの感覚。
学習者はこの感覚に耐えられるか否かが大切です。
分かったような分からないような感覚。
「どうして、ここがこんなことになってるんだよう」という感じ。
それにどれくらい耐えられるか。
そして、そこを突破する努力を惜しまないこと。

すっきりしない感じを乗り換えた先には、爽やかな世界が待っていることを知っている人になって欲しいものです。

すっきりしない感覚を知っているからこそ、分かったとき、できるようになったときの爽やかさは格別なのです。

一斉休校の要請を受けて

公立の学校は月曜日から一斉休校となります。

齊藤塾も月曜からお休みになります。

普段は休みのない塾ですが、こういう時には休むのです。

普段は目いっぱいやってますからね。休日は朝8時から。

まあ、人生いろいろなことがありますよ。

目には見えないウイルスとの戦いです。

これで大丈夫、ということはなかなか言えない。

未知との戦いですから。

「心配し過ぎ」くらいでも良い、と私は考えます。

「空振りで御の字」という言葉も、私は好きです。

首相の急な決断で、各教育機関、行政機関、各職場、各家庭それぞれ大混乱でしょう。

でも、長い人生、こういうことはあるのです。

一旦立ち止まって、日頃の生活を反省する良い機会と捉えることにします。

入試直前の塾生もいます。

塾生の各家庭にはメール等で休み中課題の内容を伝えることになるでしょうか。





うまくなるまでは・・・


『タイガーマザー』の著者、エイミー・チュアの言葉

(中国系アメリカ人であるエイミー・チュアは二人の娘をスパルタ教育した。二人の娘はともに学業優秀、ピアノとバイオリンでも超一流の腕前を身に付け、数々のコンクールで優勝する。長女は、ハーバード大学、イェール大学合格。著書はアメリカでベストセラーとなった。自身も父親も、さらに夫も大学教授。)

さて、彼女の言葉です。

「中国の親がよく分かっているのは、何をするにしてもうまくなるまでは楽しいことなどないということです。そのために努力が必要ですが、当の子供達は放っておけば努力などしませんから、親が子供達の希望など無視することが重要なのです。他より抜きん出るには、厳しい練習の繰り返しが不可欠なのです。子供達の望みや好みを全て踏みにじる結果になっても、子供にとって何がベストなのか分かっているという自負があります」

さて、どうでしょう。

偏差値を上げる具体的方法

指導法の確認です。

一般的な塾用ワークでは、基本→標準→応用→発展という問題配列になっています。
まあ、当たり前ですけど。

冊子になっている教材はそれ自体で完結せねばならないので、このような形になります。
市販の問題集も平均的なものはほぼ同じ配列になっています。

これらの扱いは塾によって様々でしょうが、ワークの流れに沿って学習を進める塾も多いと聞いています。

さて、テストで差がつくのはどのレベルの問題でしょうか?

標準問題と一部の応用問題です。
基本問題は誰でも解けます。
発展問題などは普通の定期テストでは出題されません。公立高校の入試問題でもあまり見かけません。

標準問題や一部の応用問題では、何故差がつくのでしょうか?

それは、解ける人と解けない人がいるからです。
当たり前ですよね。

解ける人と解けない人がいるような問題を正解することで、他人よりも頭一つ出ることができるのです。
誰でも解ける問題や、誰も解けない問題では差がつかないのです。

ということは、

標準問題や一部の応用問題を大量に解いて慣れておくことで、学年順位を確実に上げることができます。

ところが、ワークは紙面の関係で標準問題だけを大量に掲載することは難しいのです。
「誰にでも使ってもらえる」教材、そして、「売れる」教材にするためには基本や発展も外すわけには行かないのです。
その分、一番「差がつく」標準問題と一部の応用問題が削られてしまいます。

結果を出せない塾に存在価値はありません。

塾が結果を出すとは、偏差値を上げ、校内順位を上げ、志望校に合格させることを意味します。

一言でいえば、塾生を他の生徒よりも上に上げることです。

そのためには、標準問題と一部の応用問題の大量演習とその反復が有効です。
というか、それしかないでしょう。

私が長年、プリントのデーターベースを利用している理由はここにあります。

差がつく問題の大量演習。
私は「美味しい問題」の演習と呼んでいます。

「美味しい問題の大量演習」しか他人と差をつける方法はないのです。

美味しい問題を大量に。

美味しい問題も何度も反復すると飽きてきます。
そう、
飽きてきて、つまらなくなって、美味しい問題がまずくなるまで演習した人だけが勝利者になれるのです。

コロナウィルス対策

ここ1~2週間が感染拡大防止の正念場だそうです。

齊藤塾では既にマスク着用の推進、ドアノブ等の殺菌を実施しています。

明日からは、座席間の間隔を空けます。

また、1教室に塾生が集中しないように、複数教室の利用も検討いたします。

これから入試、期末テスト、卒業式等々濃厚接触の機会が増えまずが、極力感染防止に努めたいものです。

渋女合格体験記・・・以前の体験記ですが参考までに

【渋川女子高校合格Mさんの合格体験記・・・・実力テストで120点以上もアップ!】

「受験生というこの1年、本当につらくて大変なことが多かった。8月までは部活と勉強の両立、部活引退後はひたすら勉強。今までの中で1番つらいことだったと言っても過言ではない。しかしその分、充実感も大きかった。塾内テスト、学校の実力テストでは、最低点から120点以上も上がり、学校内の順位では、20位代から2位にまで上がることができた。本当にうれしかった。
私の成績をここまで伸ばすことができたのは、齊藤塾で学ぶことができたからだと思う。入塾する前は勉強の仕方も分からず、何から手をつけたらいいのか分からず、成績は下がる一方だった。入塾後は沢山のプリントをやる中で自分の弱点を発見することができ、家でも内容の濃い学習をすることができた。
そして、この1年の努力が報われ、志望校に合格することができた。
私はこの1年を通して学んだことがある。それは目標に向かって全力で努力すること。最後の最後まであきらめないことだ。私も1度はあきらめそうになった。しかし、最後の最後まで努力することができたから今があると思っている。
受験生はつらいものだが、いつかわ終わりがくる。だから私はこれから受験をむかえる皆さんには、受験という1年に全力で挑んでほしいと思う。」



改めて、Mさんの記録をチェックしてみました。
確かに、校内実力テストでは最低点から127点も上昇していますね。
校内順位も20番代だったのが、最後のテストでは2位にまで登りつめています。まさに、努力の人です。
校内実力テストにおけるMさんの校内順位の推移は次の通りです。

22位→10位→8位→5位→5位→2位

一度も下がることなく、上昇し続けています。
努力とは継続のこと。継続とは今日もそれをすること。
このことを実行すると驚異的な結果が自分のものになります。
成績アップの秘密?
このブログで私が再三述べてきたことです。
「新開発〇〇学習法」ではなくて、目の前にあるそのこと。
それを今日もすることです。そして、明日も、明後日も。

「1度はあきらめそうになった」
どん底を経験することで強くなれるのですね。



受験勉強は人生の縮図のようです。絶望することで強くなれる。結果が出て勉強を甘くみる。そして、足元をすくわれる。同じ過ちを繰り返し自己嫌悪にさいなまれる。

自分自身と真剣に向き合うことで、自分の強さ、弱さが浮かび上がってきます。
そして、長所も短所も沢山ある自分をそのまんま好きになれる。

受験のつらさを乗り越えなければ、決して得られない宝物です。

後戻りしない覚悟

覚悟した時点で変われている
「齊藤塾に入塾以来子供が変わりました」

そんな風に言ってもらえるのは嬉しいものです。

塾長の私が「変えた」のではなくて塾生が自ら「変わった」のです。
変わるためのエネルギーはもともと塾生が持っていた。
そのエネルギーが臨界点に達した時「引き出す仕事」をしたのが塾長の私。
そんな感じでしょうか。

入塾に際し「覚悟」を求めるのは、その臨界点に対して自覚的になって欲しいからです。

「後戻りしない覚悟」が出来た時点で半分以上は成功したようなものですから。

現在、塾生募集中。
募集定員はわずかですが。

あきらめない人には奇跡が起きる・・・今年もこの言葉

あきらめない人には奇跡が起きる

全ての後期試験受験生に次の言葉を贈ります。

高校入試後期試験直前の皆さんは私の文章を落ち着いて読む余裕など無いかもしれませんが、ひとつだけ伝えたいことがあります。齊藤塾からトップ校に合格した先輩達を見ていて強く感じたことです。

それは「あきらめない人には奇跡が起きる」ということ。

前期試験の発表から後期試験までの期間(ちょうど今の時期)は、前期試験不合格だった生徒達には残酷な日々が続きます。でも、前期試験が不合格だった生徒達だけに与えられた神様からのプレゼントがあるのです。それは、このピンチを長い人生に生かせる「人生修行」のチャンスにできるということです。

人間は追い詰められないと力が出ません。前期試験の発表までは、心のどこかで前期試験合格という「楽な道」への期待があったために、その能力は開花することはありませんでした。でも今は、この「逃げられない現実」を前にゴチャゴチャ考えることはやめて、「やるしかない!」と腹がすわっているはずです。こういう時にだけ人は「変われる」のです。逃げられない現実を前にして、自分の弱さは何か、自分の強みは何か、自分はどこで「勝ち」どこでは「負けて」も良いか。そもそも自分はどんな人なのか。追い詰められたからこそすっきりと見えてくるのです。

オリンピックでメダルを取った選手の多くが、「実は大会直前に怪我をしていた」とか「実は試合の3日前までは長いスランプが続いていた」とか「実は1ヶ月前に父親が入院していた」などドラマ以上のドラマを語ってくれることがあります。神様のいたずらなのか、神様がその選手を「試して」いるのか。きっとその選手達もトラブルにみまわれた時には「どうしてこんなときに・・・」とその運命を呪ったのかも知れません。でも、彼らはそれを乗り越えて、一生に一度あるか無いかのチャンスをものにした。彼らはその運命を呪うのではなく、さらに強くなる道を選んだ。決して「怪我さえしなければ。」などといつまでも考えてはいなかった。

あきらめない人には奇跡が起きます。運命を呪うエネルギーを、神様が与えてくれたチャンスを生かすエネルギーにかえて、人生の宝物を手に入れましょう。後期試験を受ける生徒には今回そのチャンスがめぐってきたのです。さて、君はどう乗り越えるか。一人一人その取り組み方は違います。心を澄まして集中している人には取り組むべき道が見えてきます。一つの目標に向かって集中している人には本物が見えてくるのです。

あきらめない人には奇跡が起きます。これは前期試験に合格した生徒達を含めて受験生みんなに伝えておきたいことです。今は追い詰められた状況に無くても、必ずそのような日は訪れます。その時のために覚えておいてください。あきらめるのは楽ですが、後で後悔の念が繰り返し、繰り返し襲ってきます。あきらめないで最後まで戦ったという事実はその人を強くし、その後の人生の宝になります。

あきらめない人には奇跡が起きます。自分の弱さに真正面から向き合うのはつらいことですが、自分で選んだ道だから頑張れるのです。そして、挑戦できる自分を好きになれるのです。

今年も受験生達にこの言葉を贈ります。私が自分自身に言い聞かせている言葉でもあります。受験生は後期試験倍率にけっしてビビることなく戦って欲しいと思います。受験生達はまだ大半が横一線に並んでいると考えてください。気持ちで負けない人は最後に頭ひとつ出られます。

最後まであきらめない人は誰か。神様はちゃんと見ていますよ。

今年もトップ高校合格!

本日は公立高校前期試験の合格発表日。

齊藤塾から、今年も

塾生がトップ高校に合格しました。

努力の人は結果を出しますね。

これで9年連続トップ高校合格となります。

詳細は後日掲載いたします。

後期試験に向けて最後の追い込みに入っている塾生がいますので。

後期試験受験生、頑張れ!

諦めない人には奇跡が起きる!
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント