FC2ブログ

いつものピーマンの話

ピーマンが嫌いな子がいたとする。
全く食べようとしない。嫌だ嫌だを繰り返すばかり。

これを容認してはダメ。
じゃあどうするか。

ひとかけらだけ食べさせる。

ほんのひとかけらでよい。
味なんか分からなくくらいのひとかけらでもよい。

それさえも食べないと言い張ったらどうするか。
一切食事を与えなければ良い。

泣いてもわめいても毅然とした態度をとる。
それが正しい大人だ。

ひとかけらも食べないというのは、単なるワガママでしかない。
好みの問題を超えているのだ。
ワガママを許してはいけない。
何故か。
それがワガママだからだ。

でも実際は、ひとかけらでも食べようとしない、という子はあまりいない。
体に良いとかなんとか言って、大人が食べて見せれば顔を歪めながらでも食べるものだ。

特定の野菜には、その野菜にしか含まれない栄養素がある。
だから、食べねばならない。
しかし、大量に食べる必要はないのだ。
特定のミネラルは少量で十分だったりする。

ゼロではダメだ。

ゼロかゼロではないか。
それは大問題なのだ。

英語に any  という単語がある。
これは、数学でいう原点0の付近、つまりゼロかゼロではないかのせめぎ合いのことを言うが、なかなか日本語では説明しにくい。だから、否定文と疑問文ではsomeはanyに変化する、などという変な説明で間に合わせる人が多い。この単語の本質からはかなりずれていると思うが。

嫌いなものでもゼロにはしない。

勉強でも同じだ。

ひとつのこと

「君子、多能恥づ」   (『論語』より)



君は、天賦の才能に乏しいと嘆くことはありますか。

どんなに才能の乏しい人でも、その乏しい才能を最大限に生かすには人生は短すぎるのです。

大人は「何でもできる子」を評価したがります。

でも、どんなに多能な人でも、その才能全てを生かすには人生が100回あっても足りない。

この短い人生で生かせる才能は限られているのです。

そんな意味では人は皆平等です。

君の才能は他人よりも見劣りするかもしれない。

しかし、その中からでも十分に社会貢献できるものを絞り込めるのです。

いつか、他のすべてを捨て去り、たった一つに絞り込む勇気が求められる時が必ず来ます。

その「決断の時」の腹のすわった目に私はしびれます。

君が天から授かったその一つのことを探すために、今日の勉強があるのです。

議論のない国

議論のない国に育つと、子供達に批判的スタンスは育ちません。

「正しい答え」が暗に示されている雰囲気の中で、それに抗って何等かの主張をする勇気は、日本人には求められていないのでしょう。仲間と議論を積み重ねる中で、自らの主張の甘さを指摘されたり、自分一人では気づけなかったであろう視点にハッとされられる快感を経験することなく大人になるなんて、不幸です。

さて、

一つだけ話題を振ってから寝ます。

世界がコロナウィルスの恐怖に晒される前は、もっぱらアメリカとイランとの関係悪化に懸念を表していました。
勿論、日本も。

原油の大半を中東に依存している日本。
中東の平和は日本の経済にとって死活問題とも言えます。
ホルムズ海峡やマラッカ海峡のようなデリケートな地域を経由せずとも、安定的に原油を手に入れたい。
長きにわたって、日本はそれを模索してきたのではないでしょうか。

ところが、

何十年と模索し続けてきたはずのこの問題。
未だに、中東の原油に依存しまくっているのが日本の現状です。

何故か、何故か、何故変えようとしないのか。
いや、変えようとしているけれども乗り越えられない問題が存在するのか。

・・・・というような話は全くなくて、相変わらず「中東だけに石油を依存するのは問題だ」を繰り返している。
あたかも今日気づいたかのように。

それは、何故か・・・何故か。

覚悟

本日、お問い合わせを頂きました。

ありがとうございます。
少数精鋭塾ですので、お早目に。


本は10回読め、という人がいる。

1回読んだのでは読んだことにはならない。
何度も読み返すことで、それまでの読み方では気づかなかった点に気づくことが多い。
だから、何度も読み返す。

それでは他の本が読めないではないか。
そうかもしれない。
しかし、繰り返して読まなければその1冊も読んだことにならない。
つまり、ゼロ。

中途半端に何冊も読むのと、1冊を咀嚼するのとどちらが良いか。
1冊の本が完成するまで、その著者がどのくらいのたうちまわったことか。
何度も何度も書き直して、ようやく世に出せるまでになったもの。
中途半端な読み方で、著者が伝えたかった本質を見誤りたくないものだ。

そういえば、塾のワークも同じ。

人類の到達した学問のエッセンス。
それが効率よく身につくように苦労に苦労を重ねて教材として完成している。
中途半端な使い方はしたくないものだ。
10回反復して欲しい。
それが自分にとっての「常識」になるまで。

本音

このブログのアクセス数も減っているかと思いますので、ちょっと本音を。
まあ、もともと「本音ブログ」のはずなんですが。
過激なことを書いてアクセス数を増やしたい、ということではなくて、読む人が少ないときに言いたいことを「滑り込ませる」ということをしたいのです。

現中3生は進学先が決まった人、公立高校入試に向けて最後の追い込みにかかっている人。さまざまですが。

現中3生徒に言いたいこと。

「進学高校が決まった瞬間に高1の学習に入らない人は、手遅れになります」以上!

何の手遅れ?

大学入試です!

高校入学が決まったくらいのことで「浮かれて」いる人に未来はありません。
高校合格の喜びに浸ってよいのは、せいぜい1日です。
合格が決まった次の日からは、大学入試に向けて高校内容の予習にかからなければいけません。

そうしないと、間に合いません。

絶対に。

合格に浮かれて、緩んで、余韻に浸っている人は、ゴールデンウイーク明けには「周回遅れ」になっていますよ。

分かっている人はそんなことわかっている。

分かっていない人、ボーっとしている人に言っています。


高校生活は誰にとっても初めてですからね。
教えてもらわないと分からない人もいますから。

部活についても慎重に。

読解力と発信力

今年の中央中等の入試。

適正検査Ⅰはお馴染みの問題でしたが、適正検査Ⅱは読解力が試される試験へと変貌しましたね。
まあ、去年の入試でその方向性の「予告編」が披露されて今年から「本格実施」ということなのでしょうか。

日本の子供達の読解力低下の深刻度が増しています。
世界ランキングが下がりまくっていますからね。

危機感を感じない人はいないでしょう。

入試を変えることで行動を促す。
この手法は昔から全く変わっていませんね。

PISAショックから発信力重視の指導要領に変わったのも同じ。

今後の教育。

読解力と発信力の指導が期待されています。

進学先の中間報告。

中央中等の入試が終わりましたね。

お疲れ様でした。

齊藤塾塾生で今日までに進学先がきまった人を以下に報告します。

今日までに進学先の決まった塾生。

1.本庄東高校(特進選抜)  1名
2.前橋育英高校(特進選抜S合格) 1名
3.前橋育英高校(特進) 1名
4.農大二高(Ⅱコース発展) 1名
5.高等工科学校 1名
6.共愛学園中学 1名

以上です。
もう、6名も4月からの新しい生活がきまっているんですね。
併願合格者は他にもたくさんいます。

明日は中央中等入試

明日はいよいよ中央中等の入試日ですね。

昨年と同じような出題内容になるでしょう。

リーダー養成学校ですから、堂々とした人が合格します。

頑張れ!中央中等受験生!


さて、

実力テスト結果で学年上位独占がありましたので、ご報告。

ある、中学校

学年1位、学年2位、学年4位 は齊藤塾の塾生でした。

努力の成果は形となって表れますね。

県内2位と県内22位獲得!

齊藤塾の塾生が模試で県内2位と県内22位を獲得しました。
努力の人は結果を出します。

この調子で伸びていってくれるでしょう。


さて、


楽をして実力をつける方法
「楽しく学習して、無理なく実力をつける方法」

そんなのありません。

ないと分かっていながら、「もしや」と期待して試してみてはまた裏切られる。
「〇〇するだけで良いんですよ」的なキャッチフレーズで売り込みをかけてくる学習法のなんと多いことか。

試したい人はどうぞお試しください。

かく言う私もいろいろ試しました。
お恥ずかしい話ですが。

「なんだ、同じじゃん」
と言わないでね。少しでも仕事に生かせればと。

試してみなければ、使えるか使えないかは分からない。
でも、試したものの大半は使えない。
少なくとも自分には向かない。
膨大な時間とエネルギーを使って、それが分かる。
それだけが収穫。

この程度のことで愚痴っていてはエジソンさんに笑われますけどね。

教材屋さんたちの挑戦には敬意を払います。
これからも期待しています。

でも、

私は結局はプリント指導を軸に進めると思います。

学習に楽な道はない。
学習指導にも楽な道はない。

育英高校


【前橋育英高校にS合格したMさんの合格体験記】

「私がこの塾に入塾した頃は、学校で実施される実力テストで400点もとれないくらいのレベルで、元々は前橋育英の2類を第1志望にしていました。その後、齊藤塾で学習し、志望の2類よりも上の、しかも1番上のSランクで合格することができました。
私は小学校の時から数学が苦手で、自分でどれだけ勉強をしても点数を上げることができませんでした。しかし、入塾してから受けたテストでは、学年11位から学年1位になることができました。塾では主に繰り返しの勉強法だったのですが、このおかげで公式ややり方が身についたのではないかと思います。
齊藤塾の教室に入れば、勉強する環境が整っていて、全員が自分と向き合いながら勉強しています。このような環境で勉強できたことが、志望校合格につながったのだと私は思います。」
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

【遠方の方も吾妻線を利用して、土日、祝日中心に通っている塾です。長時間の個別演習形式で鍛えて結果を出しています。お気軽にお問い合わせください。】

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント