FC2ブログ

原書講読


電子辞書にしろ、スマホやPCによる検索にしろ、以前では考えられないほどのスピード感で私達の学習効率を高めてくれます。

ある意味、夢の道具です。

それなのに肝心の学習効果が上がっているとはいいがたい。

つまり、学習「効率」は格段に向上したのに学習「効果」は上がっていないかもしれない、ということ。

道具がストレスを省いてくれた、その分私達が「ラク」をしただけで終わっている。そんな感じでしょうか。

いつも、言っていることの繰り返しになりますが。

困難に対峙した時に初めて私達の思考は起動する。
ストレスのないのっぺりした学習では、あまり困難を感じないということなのでしょうね。困難を感じないから、思考は起動しない。だから、学習効果がそれほど上がらない。

「機械にできることは機械にやらせて、人間にしかできないことを人間がする」

よく言われることです。

しかし、そんな簡単な話でもないようですよ。

「人間にしかできないこと」だけに絞ってピンポイントで思考するなんてことができるのでしょうか。はなはだ疑問です。エッセンスの部分だけヒトがやる? どうなんでしょうね。

思考って、一見無駄に見えることや、雑多なことの積み重ねの上に成り立っているような気がするのですが。特に、発明や発見こそ、行き詰まった時に、そのようなものからヒントを得て突破口を開いてきたと思うのです。そんなエピソードばかりですよね。


大学生はよく、原書購読を課せられます。
英語で書かれた専門書を英語で読まされる。
構文を解析しながら、辞書とにらめっこしながら一歩一歩読み進める。

その書籍の翻訳が存在しても、原書で読まされることも多い。

勿論、翻訳では著者の伝えたいことが十分に日本語に再現されていない、という問題もある。
どうしても、日本語の単語と英語の単語には意味のブレが出てきてしまう。

原書をストレートに読めば、そのブレの多くは解消される。

しかし、

原書を読む目的はそれだけでしょうか。

私が思うに、

原書を読む醍醐味。
それは、

ゆっくり読むこと。
じっくり考えながら読み進めること。
ここにあると考えます。

原書だと「読みとばす」という行為ができない。

時間をかけて読み進めるしかない。
だから、考える。思考する。思索する。

読書の楽しみは読みながら自分の言葉で咀嚼し直すこと。
自分の脳ミソで著者の思考をなぞり、自分の言葉で構築しなおし、自分自身の理解として腹に落とすこと。

原書は速読できない。
少し読んでは考え、考えては読む。

だから、思考は深まる。
量は読めないが、明日からの行動に少しの変化をもたらす。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント