FC2ブログ

院内学級

以前、中央中等の適性検査問題Ⅱに、院内学級の子供達の作品を集めた書物から出題されたことがありました。

『電池が切れるまで』

重い病気で小中学校へ通えない子。
その子たちのために病院内につくられた学級。

それが院内学級。

苦しい闘病生活の中でも、お互いに励まし合い生まれた作品群。

小4の女の子に励まされ希望を失わなかった一人の少年がいた。

「お兄ちゃん、きっと治るよ」

そのひとことに支えらた少年は・・・。

今、

大学病院の医師として働いているとのこと。
そして、
自分と同じように「学べないつらさ」を味わっている子供達のために、小さな院内学級をつくった。

来年からの道徳の教科書にこの話が載るようです。





プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント