FC2ブログ

「共振」の話を再確認

指導者同士の会話では「今日の授業は入り(はいり)が良かった」などの表現がよく使わることがあるようです。

期待通り、あるいは予定通りに授業内容を生徒が理解して、できるようになったという意味でしょうか。
「知識やスキルの注入」という発想なんでしょうね。

私達の知識やスキルを生徒の頭に流し込めれば、ある意味楽なのかもしれません。
しかし、実際はそんなことはできません。

コントロールしようとすればするほどうまく行かないのはいつものこと。
生徒はコントロールされるのが分かれば反発します。普通のことです。

「注入」ではなくて「共振」へと発想の転換をして欲しいのです。

指導者が何かを鳴らすと、生徒の中にある何かが共振して鳴り出す。
共鳴というか。
そんな感じです。
共振の場合、あくまで「自分で」鳴っているというイメージですね。

共振しているうちに、次第に指導者なしでも自分から鳴れるようになる。
そんなイメージ。

注入という発想とは大きく異なると思うのですが。
二者が接していない点が共振のポイントでしょうか。

大人は子供に対して、何かを注入したがったり、何かをあてがったりしたがるようです。
付け足してゆくというか。

学ぶのはあくまで子供の方です。
だから、子供自身が動かないと学びは起きません。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント