FC2ブログ

高崎高校合格体験記(その2)・・・・2019年

今年高崎高校に合格したK君の合格体験記です。


*長時間学習が自分を成長させてくれた*

「 私は、夏休みに高崎高校へ見学に行き、この学校に入学したいと強く思いました。しかし、その頃、実力テストの点数が下がっていました。このままでは合格することができないと思い、入塾することを決めました。

 最初は休日に6時間も勉強するなんて自分にできるだろうかととても不安でした。しかし何回もそれを続けることでだんだん慣れてきました。そして家でも長時間勉強する習慣がつきました。この長時間の勉強は自分に自信を持たせてくれました。そして 最終的には第一志望校である高崎高校に合格することができました。

毎日長い時間勉強するのはとても大変でしたが、自分を大きく成長させることができました。」



長時間学習を覚悟できれば、トップ校の合格への確かな道筋ができることになります。
トップ校合格者が口を揃えて同じ教訓を語っていることに注目!


本日1名覚悟の入塾。
期待以上の結果を出します。必ず。

定員になり次第締め切ります。悪しからず。

前橋高校合格体験記・・・・2019年

今年、見事に前橋高校に合格したK君の合格体験記です。



*「嫌悪感」から「喜び」へ*

「私は、中学二年生の六月の時に齊藤塾に入塾しました。もともと、中学生になったころから塾は嫌いでした。なんで、自分の時間を勉強に費やさなければならないのだろうと思っていました。入塾時は、勉強への嫌悪感が強かったこともよく覚えています。

しかし、長時間の学習は辛くて苦しかったものの成績が伸びると勉強が楽しくなってきました。また塾へ通うことも苦ではなくなり、いつしか塾へ行きたいと思う気持ちが強くなりました。そして今では塾へ行き、勉強することが喜びとなっています。このように、勉強への気持ちが自分の中で変化したのは齊藤先生のおかげであったと感謝しています。

私は、入塾当時「勉強の仕方」にこだわっていました。入塾する前までは、勉強は何をするべきなのか全くわからなかったのです。そこで勉強というものを一から教えてくださったのも齊藤先生でした。勉強は、学習を理解すること。勉強方法は人それぞれであり、自分の理解度を最高にできる方法こそが自分にとって真の勉強方法であるのだと知りました。そして、私は間違った問題を繰り返し解くようにしました。間違いを理解し、その問題を解けるようになることが勉強の上達への近道だと思います。

私は、この受験勉強で自分の勉強への意思をより良いものにできたと思います。前橋高校に合格できたことは私の宝物です。その宝物は、齊藤先生や両親、そして兄弟がくれたものです。私は、齊藤先生に出会えたことを嬉しく思います。」



長時間自分自身と格闘することで自分なりの学習方法が見えてくるのですね。
塾というもののイメージ、勉強に対する捉え方。
これらも、本気で自分と向き合うことで全く変わったものになってきます。
時間をかけて一つ一つ獲得したものは、一生の宝となります。

高崎高校合格体験記 2019年

今日は高評価の通知表の報告がありました。

2名。

内容も同じ。

9教科全て5です。
つまり、完璧通知表報告2名!

素晴らしい!!

さて、今日は今年高崎高校に合格したK君の合格体験記です。

*「できる」 「解ける」という確かな手応えを持てた*

「僕は齊藤塾に入り、本格的に受験勉強を開始して、自分の学習方法を根本的に見直すことができました。
 塾に入る前は、実力テスト等でそこそこの成績でしたが、点数に波があり上下の変動が激しく志望校の合格には程遠い点数を取ってしまうこともありました。

トップ校に合格できる学力を身に付けたくて入塾しましたが、入った頃は今までと生活習慣が変わってとても大変でした。しかし、塾長の指導の下プリント演習を中心とした学習を徹底的に行い、大量の問題を解いているうちに、その問題を解いたことがあるのかないのかを見分け、既知の問題なら頭の中に入っている解法ですらすらと解き、未知の問題なら解き方を考え、その解法を頭に素早くインプットする作業を意識せずに行えるようになりました。それは当たり前のことかもしれませんが、「できる」 「解ける」という確かな手応えを持てるようになりました。

また、塾で平日は放課後三時間、休日は朝八時から夜九時までという生活を続けているうちに「勉強する」ということが習慣となり、苦手だった家庭学習も自然と進んでできるようになりました。気が付けば以前より格段に効率よく勉強をする力が身に付いていました。

塾での学習は楽なものではありませんでしたが、努力した分だけ結果として表れるので、勉強に対して大変意欲的に取り組むことができました。塾長からいただいた的確なご指導、ご助言により、自分が望んでいた高く安定した学力を手にすることができました。齊藤塾で学んだことを高校での学習に、またその先の自分の人生に役立てていきたいです。」


入塾することで生活は大きく変わります。
入塾するには覚悟が要る。そんな塾です。
トップ校合格を手にしたい人はその覚悟ができるんですね。

どうしても合格したい、という本気度があるのか、無いのか。
自問して欲しいと思います。

2019年 群馬高専合格体験記

今年、見事に第一志望である群馬高専に合格したW君の合格体験記です。

*静かな環境で自分と向き合いながら学習ができる齊藤塾*

「僕は自身の志望校への合格を目指して齊藤塾への入塾を決意しました。通い始めたころは出来ない問題も多く、成績の向上もあまり実感することがありませんでした。
 しかし、夏休みが終わった後の実力テストと五教科のテストでは目に見える成績の向上がありました。週六日六時間で膨大な量のプリント、問題を解きながら、自分の苦手な部分、出来ない問題を理解して次に生かすようにしました。静かな環境で自分と向き合いながら学習ができる齊藤塾だからこそできたことだと思います。
 毎月の実力テスト、塾内テストなどで順位がしっかり出るため、うれしい思いも悔しい思いもたくさんしました。しかし、自分のほかにも頑張っている塾生、学校の同級生がいると思い、がんばりました。一人で勉強をするより塾でやるほうがみんなで一体となって頑張っていると思えて、精神面でも塾に入っていてよかったと思えることがありました。
 第一志望校への合格は決して自分だけの力でなくご指導下さった塾長、学校の先生方や親、ここまで一緒に頑張ってきた仲間たちが支えてくれたからこその結果だと思うので、これからも齊藤塾で学んだことを大切にしていきたいと思います。
 今まで熱心なご指導をしてくださってありがとうございました。」


勉強は積み重ね。
すぐには結果が出るとは限りません。

受験生にとっては、はやり夏休み中の学習がカギですね。

つらく長い夏期講習を乗り切った受験生には9月に大きなご褒美がもたらされるのです。

今年の合格体験記・・・前橋育英高校

今日は前橋育英高校に合格したKさんの合格体験記です。


 「私は前橋育英高校を選び受験しました。出題された問題のレベルは5教科で結構差があり、今年は国語が1番難しかったと感じました。私が入試前に取り組んだ問題冊子は、前橋育英高校の過去5年間の問題を集めたものです。この問題をやっていくことで出題傾向もわかってくるので、やって損はないと思います。5教科をコツコツと、バランスよく進めていくことを私はオススメします。
 また過去問題集に取り組むほか、齊藤塾で出されたプリントを、理解できるまで何回も繰り返し取り組みました。私は社会がすごく苦手なので、塾長に教えてもらいながら、毎回プリントに取り組みました。初めのうちは基本問題もよくわからず困っていたけれど、説明を聞きながらプリントをやっていくうちに、時代の流れを押さえつつ、出来事と年号をセットにして覚えられるようになりました。入試本番で出された問題の中に、塾で取り組んだプリントの内容が何個も含まれていて、自信を持って答えることができました。できる問題数が格段に増えて、本当に嬉しかったです。
 合格発表の時も納得できる結果を得られたのは、齊藤塾に通っていたお陰だと思います。たった半年通っただけでもできる問題数は全然違います。来年受験する人は本当に頑張ってください。」


問題量をこなすことで自信が芽生えてきた様子が良くわかります。
齊藤塾で大量のプリントと格闘した経験は、試験場での自信となって塾生を支えてくれます。

努力とは継続のこと。
継続とは今日もそれをすること。
これが習慣化された人は最強です。

日々プリントを反復する。
反復によって問題を解けることが「単なる習慣」となる。

大きな努力で・・・

今日は、

実力テストで学年2位の報告を受けました。

それと、

全教科オール5の報告も。

凄い!

さて、

確認しておきましょう。



「大きな努力で小さな成果を」
逆ではありませんよ。

あの鍵山さんの有名な言葉ですね。
このような発想で生きていると、心が落ち着くのだ、と。
そして、社会も安定する、と。

「効率の良さ」とか「要領の良さ」とか。
「労せず」とか「うまく立ち回って」とか。

そればかりに捕らわれていると、心が不安定になる、と。


日々自らに言い聞かせたい言葉ですね。

大きな努力で小さな成果を得る。
そして、そういう生活に耐える習慣をつける。
その方が心が安定する。

「わかる」から

「分かる」ということは感動につながります。
人は感動するために生きている、と言った人がいる。
私達は「分かりたい」のですね。

まずはしっかりと分かること。スピードはそれからです。
反復学習によって、問題を解くスピードなんて格段に伸びるものなのです。
でも、分からなかったらスタートラインに立てない。

齊藤塾では反復学習を徹底し、それで結果を出しています。
しかし、その前段階の「分かる」についても重要視しています。
当たり前ですね。
「分かる」の段階がなければ、次の反復には移行できないからです。


さて、

春期講習をガンガン進めています。
一番余裕のあるのが春休み。
目標がぼやけてダラダラ過ごすのが春休み。

だからこそ、ガンガン進めています。
先行逃げ切りも可能かな。

通塾理由

県内順位が一桁や二桁の優秀な塾生に対しても、指導することは沢山あります。
通知表が常にオール5の塾生に対しても、教えるべきことは山ほどあります。

私がチェックしてみれば、彼らの知識はモザイク状です。
ところどころに穴ぼこが開いているのです。
意外なところに苦手分野が存在していたりします。

知識は有機的につながってこそ機能します。
穴ぼこを一つ一つ修復することによって、今まで動かなかった歯車が互いに噛み合い、学習が一気に加速してゆきます。

優秀な人が「完璧に見える」のは、「完璧」から距離の遠い視野から見ているからです。
本人の視野から見たら「まだまだ」なのです。
学校の先生にいくら褒められても、本人は決して満足してはいない。

自分自身を一番よく知ってるのは本人ですから。

優秀な生徒が塾に通う理由がここにあります。

普通を極める

己実現の前にすべきこと
自己実現もよいでしょう。

自分探しもよいでしょう。

でもね、

その前にすべきことがあるのです。

オンリーワンを目指す前にすべきこと。

それは、

まずは、この社会に受け入れてもらえるだけのクオリティーに達すること。

それって、簡単なことではありませんよ。

私がいつも言っていることですが。

普通って大変。

普通って凄い。

普通って力強い。

県内上位者になった塾生達も「普通を極めた人達」です。

再掲ですが、改めて大切なことと思います。

さて、

今日も実力テスト学年1位の報告を受けました。
まずは、普通を極めることです。

間違えよう

間違えたら直す。
そして、同じ間違えを繰り返さないようにする。
それだけ。

次に、別の所で間違えたらまた直す。
また同じ間違えをしないようにする。
それだけ。

沢山間違えて沢山直す。
すると、「もう間違えない問題」が積み重なる。
そして、いつの間にか最強になっている。

さっさと間違えてさっさと直す。
間違えの数だけ強さのレベルが上がる。

間違えるたびに更に強くなる。

だから、

「間違えなければ損だ!」

間違いの山を築き、それを修正の山にする。
間違えても、決してめげずにさっさと修正して前に進む。

強い人は一度間違えた問題を二度と間違えない。
堅固な修正の山の上に逞しく立っている。

強い彼らは、

一度間違えた問題を、今はさぞ気持ちよさそうに解く。
そして、「こんな問題、私は100年前から解いていたよ」というような顔をしている。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント