FC2ブログ

期末テスト483点!

ある塾生。

3学期期末テストで483点(5教科合計)!
あっぱれです。

努力の人とはこういう人のことを言います。


さて、今日は。


生活習慣病と学習習慣
生活習慣を変えない限り、生活習慣病は治らない。間違った生活習慣が不健康の原因なのに、生活習慣の方は全く変えずに薬で健康な体を取り戻したいという考えは間違っている。薬を飲む前に、まずは生活習慣を変えるべきなのだ。食事や運動、そして睡眠。規則正しい生活。まずはこれらを実行することが優先されるべきだ。

しかし現代人は、薬やサプリ、栄養ドリンクなどを利用して、弱った体を「一時的」にフル回転させ、目の前のことを間に合わせようとする。あたかも、機械に油を注したり、燃料を補給するかのようにして。自然治癒力など待っていられない、とでも言わんばかりに。体が持っている回復力のことなど忘れてしまっているのか。

勉強も同じ。習慣化している人としていない人とでは、その結果は雲泥の差となって現れる。勉強の妨げになるものが溢れている現代の生活。妨害物を蹴散らして机に向かうのはた易いことではない。こと勉強に関しては、栄養ドリンクのように一時的にせよやる気を起こしてくれるような「物質」や「テクニック」もない。つまり、あるのは「習慣」だけ。
だから、勉強イコール習慣なのだ。習慣がへたっている人が勉強できるわけがない。

生活習慣病の治療のひとつとして、断食道場がある。荒治療と言えるかもしれないが。逃げ場のないところに自分を追い込み、人の力を借りて、生活習慣を変えることができる方法。苦しいが、乗り越えた人は目に見える結果を手に入れることができる。

齊藤塾のような長時間学習の自立型学習塾。入塾することで習慣を変えるきっかけになる。学習のための時間と場所を設定してある所に飛び込む。「荒治療」とまでは行かないが、今までの生活を断ち切る覚悟が要る。勉強以外の「何か」をいくつか捨てる覚悟も要る。

やりたい事を優先する「こども」からやるべき事を優先する「おとな」への脱皮ができる。


勉強は孤独に

勉強は孤独にやるものです。

勉強という作業の大半は自分自身と向き合うことでなされます。
だから、孤独な作業なのです。

自分自身との対話は日本語でなされます。
日本人の場合には必然的にそうなります。

その言葉が貧困ならば、自分との対話の内容も貧困になります。
「日本人だから日本語くらいで『できる』、だから〇〇の学習を」

そう考える人が時々います。

安易な発想だと思います。
日本語が「できる」といっても、一人一人のイメージしているそのレベルの差があまりにも大きいから。

自分の日本語で自分自身と向き合う。
それなしの勉強はあり得ません。

私達の思考は自分自身の日本語でなされます。
その思考の道具を確立する段階をおろそかにしたくないものです。

その道具の確立は、活字を自分で読むことでなされると考えます。
できれば紙の上の活字で。
そして自分の手を動かして書いた文字で思考は深められる。
そう考えます。

勉強には手間がかかります。

全てを想定しておく

後期試験受験生は、12時までには就寝しましょう。
どんなに遅くても1時までには寝ましょう。

睡眠のリズムを整えることで、体も心もバランスよく作動します。ポジティブに行動できるということ。この時期、昼間に眠くなるような生活になっている人は要注意ですよ。

就寝と起床の時刻を決めることで、体と心に無理をさせなくて済みます。つまり、勉強以外の部分で体に無意味に負荷をかることがない。
後期試験受験生が苦しいのは9日までです。入試当日は自分の力の8割を確実に答案用紙に残して来るだけです。(欲をかく人は失敗します。)今どんなく苦しくても、その苦しみが一生続くわけではありません。時間が解決してくれます。期間限定だから頑張れますよね。

就寝と起床の時刻を決めることで昼間の「有限な」時間を最大限に使おうという発想になります。つまり、だらだら勉強しないでメリハリをつけて集中して学習できるようになります。

それと、もう一つ大事なことを伝えたい。

ハプニングは起きるものだということ。

入試直前に熱が出てしまう。そんなの想定済みです。
入試当日大雪になる。それも想定済み。
お婆ちゃんが入院する。想定済み。(そんなことがあっては困りますが、例えばの話。)

私は中学時代、陸上をやっていました。スタート直前にスパイクの紐が切れたことがありました。そんなもんです。普段、一度も切れたことがないのに。大人になってからテニスをやりました。試合前の練習でガットが切れました。何でこんなときに。まあ、そんなもんです。

何を言いたいか、何も言い訳にはできないということです。言い訳しても「誰も」聞いてくれないということです。そういう意味でも、入試は大人への階段を大きく上るチャンスなんですね。

前橋高校合格体験記


今日は前橋高校の合格体験記です。



「齊藤塾で勉強した期間は、私にとってとても大切なものだったと感じます。
齊藤塾に通う前は、さまざまなテストで400点を超えることがなかなかできずにおり、進路にとても悩んでいました。しかし、齊藤塾の豊富な問題量と反復学習のおかげで、だんだんと400点以上を安定してとれるようになっていきました。また、通って初めての頃は、自分の生活が大きく変わり、慣れるまでは大変だなと感じることもありましたが、慣れればそこまで大変だと感じることもなくなりました。
齊藤塾に通う前は、自分で勉強することがあまり得意ではありませんでした。しかし、塾での豊富な問題量のおかげで、問題を解いている時に「ああ自分はココができないんだ」と苦手なところを見つけることができました。家ではその見つけた苦手なところに積極的にとりくむようにしました。そうすると、ただやみくもに勉強するよりも、広い範囲を勉強でき、自分の苦手なところを減らすことができました。
自分はこのような勉強の仕方をしましたが、大切なのは自分にあったやり方を見つけることだと思います」


齊藤塾からの合格者達が異口同音に言っていること。

学習量が多く、時間も長くて慣れるまで大変だった。でも、慣れれば大したことなくなった。
成績がとても伸びた。
苦手なところを見つけられて、家での学習方法が変わった。

人が「変わる」ということはこういうことなんです。
「一瞬で変われる」なんて嘘です!
毎日毎日、気の遠くなる程の期間継続する。
それが本当の努力というものです。努力とは「今日もその小さなことを継続すること」です。

そして、

いつの間にか昔の自分とは違う自分になっていることに気づく。
長期間かけてゆっくりと変わった自分は、もう後戻りはしません。
だって、変わった後の自分が本当の自分なのですから。

私は強制するのもされるのも嫌いです。

長時間学習と個々の演習問題は私が指示しますが、あまり細かいところまでは強制しません。
学習方法を細かく指示されると、各自にふさわしい学習方法を育てることができなくなります。
強制は自立とは逆です。自立していないと、最後に勝てない。
しかし、放任でもありません。一人一人が独自の学習方法を育て、結果に結びつくように各自の学習を見守ります。言われたことだけこなす人は成長できません。多少ぎこちなくても良いから、自分の足で立ってみることです。それが、生きている実感でもあるのです。

自由には自立が求められます。自分の足で立てるまでには、苦しみが伴います。自由の喜びを勝ち取るまでには、長い長い苦しみを乗り越えねばなりません。

努力しても伸びない君へ

齊藤塾への入塾を希望される方にはまずは見学して頂き、齊藤塾独特の指導法が合うかどうかしっかり見極めて頂きたいと思います。ご本人も教室で自分の弱さと戦っている姿をイメージし、頑張れる覚悟があるのか自らに問うて欲しいと思います。覚悟のある人には惜しみなく指導させてもらいます。本気になった人には全力で向き合うのが私の流儀です。昔の私が時々今の私ににらみを利かせていますから。
前高、前女、高高、高女に合格するための十分な演習の量と質には自信があります。


さて今日は、努力してもなかなか伸びない君へアドバイスをしましょう。


君より私の方がいくらか経験を積んでいるかと思いますので。

努力しても伸びない君へ私がかける言葉は、

「努力が足りない!」です。

その程度では努力とは言えない、と言いたいのです。努力とは、結果が出る保証がないのに今日も少しだけ前に進むことを言います。どのくらいやれば、どのくらいの結果が出るのか分かっていてやるのは努力とは呼びません。
君はまだ、努力の絶対量が不足しているのですよ。結果が出るまで続けるのが努力ですから。

昔勤務していた塾の塾生に「先生の言う通りにこんなに頑張ったのだから、もし結果が出なかったら先生に責任とってもらうからね。」と言って来た人がいました。誰のための勉強なんだよ、と言いたい。(実は勉強は自分のためにやっているのではありません。この話は別の機会にしましょう。)彼がこのような発想になってしまったのは大人の責任です。可哀想だと思います。

昔、チラシにも書きましたが、

勉強の仕方を教えてください、と問うてくる生徒に対して私の用意している言葉は、

「甘ったれるな!」です。


甘ったれている人には何を言っても通じません。だから、勉強の仕方など教えても無駄です。「こんなに勉強頑張ったのだから少しくらいはゲームをさせろ。」などと甘えている人も同じ。
やり方を教えてくれたら勉強する、などと言っている人にはやり方を教えてやっても絶対にやりません。
断言できます。

昔、職人の親方は弟子には何も教えませんでした。それは何故か。「教えたことは身につかない」からです。親方のやり方を見て自ら盗んだものしか自分のものにはならないことを、職人達は体で覚えていたからです。教えないことが弟子に対する一番の教育であり思いやりだったのです。

職人さん達ほどの厳しさを学習塾に持ち込もうとは思いません。齊藤塾でもそこまではやれません。ただ、精神だけは彼等に近づきたいと思っています。

だから、まず自分で考えて、考えて、考えて問題の全体像が自分なりに見えた子に対してだけ教えるということをしたいのです。そうするとしみ込むように伝わるのです。一を聞いて十を知ることができるのです。自分で苦しんで考え抜いている人には準備ができているのです。私が教える小さな一言がすうっとしみこんでゆくのです。人がものを学ぶということはそういうことなのです。

塾講師を長年やったのだから、私にだって経験はあります。テクニックだって知っています。でも、最初からそれを伝えようとしてもほとんど伝わりません。だから、準備のない子に教えても無駄なのです。

君は君が今持っているその脳みそと一生つきあうことになります。できの良いところも、悪いところもひっくるめて君はその脳みそがいとおしいはずです。だから、その脳みそを使って、考えて、考えて、考え抜こうよ。「自分の頭で」考えることってワクワクするよ。学校の先生や私の頭を借りて考えるようなことでは、生きているワクワク感が得られないのですよ。

そんなことを言われても、入試までに偏差値が上がらなかったらどうしよう、ですよね。
実は、それが大丈夫なのです。

努力はなかなか結果に結びつかないのですが、必ず結果に結びつくのです。

だから無駄な努力ってないのです。ただ、いつ結果に出るかが見えないだけなのです。
その「臨界点」は突然やってくるのです。
君が部活で、あるテクニックが突然出来るようになるのと同じなのですよ。
突然やってくる臨界点を楽しみに今日も努力しましょう。

あきらめない人には奇跡が起きる

あきらめない人には奇跡が起きる
(今年も全ての後期試験受験生に次の言葉を贈ります。)

高校入試後期試験直前の皆さんは私の文章を落ち着いて読む余裕など無いかもしれませんが、ひとつだけ伝えたいことがあります。齊藤塾からトップ校に合格した先輩達を見ていて強く感じたことです。

それは、「あきらめない人には奇跡が起きる」ということ。

前期試験の発表から後期試験までの期間(ちょうど今の時期)は、前期試験不合格だった生徒達には残酷な日々が続きます。でも、前期試験が不合格だった生徒達だけに与えられた神様からのプレゼントがあるのです。それは、このピンチを長い人生に生かせる「人生修行」のチャンスにできるということです。

人間は追い詰められないと力が出ません。前期試験の発表までは、心のどこかで前期試験合格という「楽な道」への期待があったために、その能力は開花することはありませんでした。でも今は、この「逃げられない現実」を前にゴチャゴチャ考えることはやめて、「やるしかない!」と腹がすわっているはずです。こういう時にだけ人は「変われる」のです。逃げられない現実を前にして、自分の弱さは何か、自分の強みは何か、自分はどこで「勝ち」どこでは「負けて」も良いか。そもそも自分はどんな人なのか。追い詰められたからこそすっきりと見えてくるのです。

オリンピックでメダルを取った選手の多くが、「実は大会直前に怪我をしていた」とか「実は試合の3日前までは長いスランプが続いていた」とか「実は1ヶ月前に父親が入院していた」などドラマ以上のドラマを語ってくれることがあります。神様のいたずらなのか、神様がその選手を「試して」いるのか。きっとその選手達もトラブルにみまわれた時には「どうしてこんなときに・・・」とその運命を呪ったのかも知れません。でも、彼らはそれを乗り越えて、一生に一度あるか無いかのチャンスをものにした。彼らはその運命を呪うのではなく、さらに強くなる道を選んだ。決して「怪我さえしなければ。」などといつまでも考えてはいなかった。

あきらめない人には奇跡が起きます。運命を呪うエネルギーを、神様が与えてくれたチャンスを生かすエネルギーにかえて、人生の宝物を手に入れましょう。後期試験を受ける生徒には今回そのチャンスがめぐってきたのです。さて、君はどう乗り越えるか。一人一人その取り組み方は違います。心を澄まして集中している人には取り組むべき道が見えてきます。一つの目標に向かって集中している人には本物が見えてくるのです。

あきらめない人には奇跡が起きます。これは前期試験に合格した生徒達を含めて受験生みんなに伝えておきたいことです。今は追い詰められた状況に無くても、必ずそのような日は訪れます。その時のために覚えておいてください。あきらめるのは楽ですが、後で後悔の念が繰り返し、繰り返し襲ってきます。あきらめないで最後まで戦ったという事実はその人を強くし、その後の人生の宝になります。

あきらめない人には奇跡が起きます。自分の弱さに真正面から向き合うのはつらいことですが、自分で選んだ道だから頑張れるのです。そして、挑戦できる自分を好きになれるのです。

(今年も受験生達にこの言葉を贈ります。私が自分自身に言い聞かせている言葉でもあります。受験生は後期試験倍率にけっしてビビることなく戦って欲しいと思います。受験生達はまだ大半が横一線に並んでいると考えてください。気持ちで負けない人は最後に頭ひとつ出られます。最後まであきらめない人は誰かを、神様はちゃんと見ていますよ。)


後期試験受験生は今日も午前8時半に入室し、午後7時半まで学習してゆきました。
この集中力。
本気になった姿。
長い人生でも何度も経験できないほどのシビれる時間。

それと、本日1名覚悟の入塾。
期待以上の結果を出しますよ。

各学年とも定員になり次第締め切ります。
(入塾基準があります。)

入試時、周りが気になる君へ。

入試時、周りが気になる君へ。
もうすぐ公立高校後期試験ですね。

前高、前女、高高、高女受験生でも試験中に周りの受験生が気になる人がいるかと思います。

つまり、「隣りの子はもう2枚目の問題に入ったの?早いなあ。」とか、「どうしてあいつは鉛筆が動き続けるんだよう。ボクなんてずっと考えているのに。」などと余計なことばかり考えてしまい、肝心の試験問題の方に集中できない人のことです。入試は時間との勝負、集中した人の勝ちです。試験時間中に邪念が入ったら負けです。でも、予想以上に緊張していつもとは違う精神状態になる危険性もありますよね。

そんな君に,自分のペースで問題を解くためのテクニックを伝授しましょう。

周りの子の進行状況が気になる人は、1番の問題からは解かないことをお勧めします。例えば3番、2番、1番の順で解く、とか大問2(例えば2ページ目)から解くのです。そうすれば同じ時間帯には隣の人は別の問題を解いているはずですから、気になって自分のペースを乱されることはなくなります。実際にやってみると、隣の人が全く別の作業をやっているような感覚になります。

時間配分に失敗したことのある人は次の方法が有効です。それは、試験開始と同時にすぐに問題を解き始めずに、解く予定の問題順にその問題を解き終わる予定時刻を問題の横に大まかに書き込んでおくのです。そうすることで、一つの難しい問題を考え過ぎて他の易しい問題を慌てて解いて失敗するということが避けられます。出題者が意図的に途中に難問をちりばめておき、受験生のペースを乱すような問題配列にしてあることが時々あります。難問を軽く飛ばして、自分に解ける問題で最大限に得点するためにも、この方法はお勧めです。

それと、休み時間に廊下などで、他校の生徒の会話は聞かないように。
「やったー!予想以上に簡単だったねー。」「3番の答えは(ア)だよねえ。君もそうなの!オッケー!握手ぅ!」みたいな会話はどうしても気になります。「え?私には簡単じゃなかったのに。」とか「え?3番は(イ)って書いちゃったよう。もうダメだ。」などと考えてしまって次の教科の試験を平常心で迎えられません。実は彼等の廊下での会話は彼等の戦略なのです。都市部の子が良くやる手なのですが、無意味にそのような会話をして他校の生徒のペースを乱してやろうと意図的にやっていることなのです。吾妻の純粋な水と空気で育った君達はまだそのようなスレた子達への対応を知りません。だから、無視しましょう。耳に入ったら「あー、やってるやってるぅ。スレた奴らの戦略だぁ。」と下を向いて笑いましょう。

高女合格体験記の続き

高女は譲れなかった。
多忙な中でもフリー通塾システムで学習時間を確保!


高女合格体験記

  「部活を引退してからも、招待試合があり忙しかった私にとって、時間と曜日を自分で決め通塾できるシステムは本当に良かったと思います。また、忙しい中でも勉強をするという習慣が身に付き、受験に向けての意識が高まっていきました。

入塾前まで苦手だった応用問題や記述問題も類似問題をこなしていくうちに解き方が理解でき、月1回ある模試で点数を取れるようになりました。どうしても分からない問題については先生が分かりやすく説明してくださり、理解を深めることができました。

受験前はとても不安になり、いろいろと考えてしまうこともありましたが、先生から頂いた過去問を解いたり塾のプリントを念入りに復習したりすることで徐々に自信が付いていきました。つらいこともありましたが、第1志望に合格したいという思いから勉強が習慣化され、努力したことが結果につながったとのだと思います。」(再掲)



規定の回数と時間を確保して通塾してくれれば、結果を出します。
そういう塾です。
部活や送迎の都合に合わせて通塾して頂けます。通塾予定の日に都合が悪くなったら、別の日に振り替えて通塾できます。融通が利くとも言えますが、塾生にとっては「逃げられない、さぼれない塾」とも言えます。だから、入塾には覚悟が要るのですね。

さて、

本日、入塾面接のご予約を頂きました。
ありがとうございます。

前期試験ではトップ高校に合格者が出ましたが、後期試験後にまとめて報告いたします。
後期試験に向けて頑張っている塾生がいますので。

群馬高専2名合格!

齊藤塾から群馬高専(電子メディア)に2名合格しました。

努力の人は結果を出します。

2019年入試、齊藤塾からの合格者数途中経過一覧。

中央中等1名合格。
群馬高専2名合格。
前橋育英高校S合格4名。
明和県央高校S合格1名。

流行

人は、流行に流される。皆と同じだと安心だからだ。人間とはそういう動物。

だったら、思いっきり自分の好きなことを集中的に勉強して偏差値の高い大学に行こうよ。
差別化とはそういうこと。
競争相手達が戦わずして去っているのだから、君の好きなことの競争相手も少ない。

群馬でもオシャレな高校は人気が高い。

人気が高いから当然倍率も高くなる。
倍率の高い高校に合格するには、死にもの狂いで勉強しなければならない。
オシャレに受験勉強した人は失敗して、死にもの狂いに勉強した人はオシャレな高校に受かり、オシャレな高校生活を送れる。まあ、そんなものだ。

不思議なことに、他人のやっていることと反対のことをやるオシャレというものは存在しないようだ。
「同じような」オシャレに人は殺到する。

だから、チャンス到来!

自分の道を見定めて、まっすぐに突き進む君にはほとんど競争相手はいない。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント