FC2ブログ

インストール

本日2名、覚悟の入塾。
期待以上の結果を出します。

さて、

高高の話題は明日以降に続けます。


今朝9時台のNHKラジオに歌川たいじさんが出演されていました。

お母様からの虐待、ゲイであることをカミングアウトするまでの葛藤など、壮絶な経験を乗り越えた人。だからこそ紡ぎさせて言葉。私の心に響いた言葉が二つありますので紹介いたします。

まず、

「いじめは洗脳である」

いじめの言葉は容易に心に「インストール」されてしまうのに、簡単には抜けない。これはあたかも洗脳のようだ。だから、いじめの対象から逃げたくらいではその苦しみからは逃れられない。とくに「オマエは〇〇だ」というような決めつけを伴う言葉は心にこびり続けて四六時中その人を苦しめ続ける。

このような話でした。


いじめの言葉は簡単にインストールされてしまう。
そして、いじめた相手がいなくても心にこびりついて繰り返し被害者を苦しめ続ける。

麻薬のような恐ろしさです。
洗脳も麻薬と同じ恐さがありますね。

いじめについては様々な「専門家」が解説してきましたが、歌川さんのこの言葉ほど「ど真ん中」の表現を私は知りません。
ご自身の体験を踏まえているから出て来る言葉です。
いじめは日本中、あるいは世界中で問題になっているのに、ここまで「なるほどそうだったのか」と心に落ちる説明をしてくれる人はいませんでした。

いじめの罪の深さを再認識させてくれました。

もう一つ、

「片付けができない人はインスピレーション豊か」

この言葉にも初めて出合いました。

これは明日以降考察します。


「らじるらじる」の聞き逃しサービスで聞けるかと思います。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント