FC2ブログ

普通科


中学校での進路相談でも、漠然とした見通ししか立っていない生徒は、担任の先生に問い詰められた、という時代がかつてあった。「君はその高校で何に取り組むつもりなのか」と盛んに問い詰められた時代があったのだ。今ではそれほどでもなくなったようだが。生徒達は夏休みに盛んに高校見学、体験入学を繰り返し「慎重に」選んでいるいるから、問い詰める必要がなくなったのか。高校入学後の退学理由に、ミスマッチ以外にも様々なものがあることが分かってきたからなのか。

「モラトリアムの時代」とは言われなくなってきたようだ。決定先送り人生を揶揄する空気感も今はあまりないようだ。私は個人的には、日本社会の緩い将来決定システムは嫌いではない。ドイツのように人生の早い段階で方向性を決められてしまう社会は、若者にとっては可愛そうだと思っている。ある程度は「迷わせて」あげたいと思っている。

その迷うきっかけを作ってくれるのが受験だ。

限られた地域の限られた高校の中から選択することが求められる。どこかで腹を決めなければならない。しかも、実力をつけて合格が視界に入らなければ受験すらさせてもらえない。

大いに迷って欲しい。大いに苦しんで欲しい。
むしろ、安易に決めるようなことがあって欲しくない。

迷う中で「とりあえず普通科」はありだ。



さて、夏期講習も終盤にかかっている。

塾生達の真剣モードも最高潮。

夏休みは徹底的に追い込みをかける時期だ。
皆、それを分かっている。
塾の真剣モードを肌で感じて。
相乗効果学習塾。

現在にこそワクワクする

教科書や参考書の教材はどんなに優れていてもそれは「過去」の情報。

現在進行形でアクティブに動いている物事には「生命」が宿っています。

子供達はそのことに敏感です。

現在のアクティブな物事から受ける刺激は、過去のそれとは比べ物にならないのでしょう。

大人達はもうそのことを忘れてしまっている。

文字情報では新聞。

私達日本人は日本語の新聞をまずしっかりと読めること。

アクティブな話題の宝庫ですから。

分からない部分が多くてもよい。

まずは、習慣として。

振る舞いとして。

対外試合

地元開催のオリンピックではメダル数が多くなる。
選手達の意識面も大きいが、それだけではない。

強くなる理由。
それは、
地元開催では選手強化にお金をかけられるからだ、という。

スポーツも金か、味気ない,

と言ってはいけない。


これが現実だ。

では、

メダルを取るためにどこにお金をかけるのか。

それは「対外試合に」だと。

つまり、海外遠征で鍛えられると強くなる。
「武者修行」だ。
海外遠征には当然お金がかかる。

外に出て強い人を体で感じて帰って来る。
トレーニングの仕方も意識も変わる。


強いなるには強い人と試合するのが一番良い。
海外には強い人が沢山いる。



勉強でも武者修行は欠かせない。

対外試合にあたるのは模擬試験。
大量の実戦問題で鍛えるのが正しい。

齊藤塾の夏期講習のように。

遠方からのお問い合わせありがとうございます。
電車でも通える塾です。
通塾時間や曜日等は自由に変えられます。
遠方の方も「武者修行」にどうぞ。

お金もかかります。

定員が近い学年あり。



夏休みこそ多忙

本日も体験入学のご予約を頂きました。

ありがとうございます。

体験をご希望の方はお早目にお願いします。
学年によっては、満席が近くなっています。

さて、今日は、

多忙な夏休みの話。


生徒達には夏休みがあるだろう、とよく言われるが。夏休みほど多忙なものはない。

中3を例にとってみても、7月中は部活やその応援に明け暮れ、部活が終了したかと思うと、駅伝の練習が始まる。駅伝選手に選ばれそうもない生徒に補習を計画すると、なんと駅伝のマネージャーに抜擢されたりする。駅伝は夏休みの早朝だけだから、昼間は勉強に使えるかと思うと、ほぼ毎週のように高校見学が入る。高校見学の日はぼぼ一日それで潰れる。「潰れる」という表現は不適切かもしれないが、なんとか偏差値を上げようと対策を練っている私とすると、「指導日として期待できない日」となる。

お盆が過ぎて一週間もすると、早い学校では二学期になる。二学期初めには、炎天下の中で体育祭が行われる。そして、学期初めの実力テスト。学校の先生は「夏休みの成果が試される実力テストだ」などと言う。多忙に駆け抜けた夏休みを振り返っても、どの頑張りが成果に結びつくのかイメージできない生徒も多いだろう。中3生は最低でも、9月か10月の校内実力テストのどちらかで結果が出ていなければ、11月の三者面談では志望校を下げる話題が出てしまう。

創造性


一見対極にあるように思える丸暗記と創造性。
結構距離が近いのではないでしょうか。

教育に携わる人の多くが創造性という言葉を安易に使い過ぎます。
何の定義もせずに何となく「創造的」「創造力」という言葉も使っている。

よく、

「創造力豊かな作品に仕上がった」
「授業は創造的であるべきだ」
「彼のように創造性豊かな仕事をしよう」

など、良く聞かれます。
正論なので反論する人はいない。
でも、雰囲気だけ。

じゃあ、この場合の「創造」ってどういう意味かと問われて答えられるのでしょうか。

私には、結果を見てからそれを評価しているだけに思えます。
成功者が結果を出したのを見てから「何故成功したかというと、ここで創造性を発揮して・・」などと。
創造的なのは結果。

何かを創造するのは産みの苦しみ。
丸暗記も同様に苦しい。

勉強、つまらない?

勉強、つまらないですか?
そう感じている人は、まだ本気じゃあないのですね。

本気でやってみてから、もう一度考えてみましょう。
学問は私達が考えている100倍も奥が深い。

退屈に耐える力。

習慣力、というか。
学習の最大の障害物は「日常」です。
習慣づけてしまえば退屈を感じなくなります。
或いは、退屈を快感へと昇華させる。
或いは、退屈の向こうにご褒美を用意しておく。

退屈に耐える力を獲得する。
または、工夫して退屈を乗り切る。

学習を着実に推し進めるためには欠かせないことですね。
皆、何等かの工夫をしています。

私は、

無理矢理に好奇心を喚起させました。



さて、8月6日になります。
祈りの日。

「標準的すぎる」参考書

本日も1名覚悟の入塾。

覚悟の一歩が人生を変えます。

最初の一歩が一番難しいのだから。
後戻りしない覚悟。
その勇気ある一歩を踏み出しただけで、もう成功は約束されている。


さて、今日は、


ある受験生の話。

名著と評判の参考書を求めて、地元の書店へと出かけた。
入試傾向を踏まえ、テクニックを網羅し、且つコンパクトにまとめてある受験生にとってバイブルのような参考書。
毎年のように改訂が繰り返され、常に内容が更新されているというクオリティの高い参考書。

しかし、名著は売り切れていた。
既に秋になっていたのだ。

当時、注文しても最低でも2週間は待たねばならず、それだけ待っても確実に入手できるとは限らなかった。

元より参考書情報に詳しくなかった彼は入手を簡単に諦めた。
代わりに、大量に売れ残っているどこにでもある参考書を購入して帰った。

誰でも知っている大手出版社発行の「標準的過ぎる」参考書。

参考書などに迷っている時間はなかったのだ。

その日から、彼は、

「標準的過ぎる」参考書を盲目的に1問1問と解いていった。
受験情報に詳しくないので、信じるしかなかったのだ。
目の前にある参考書にすがりつくしか。

1周、2周、3周・・・。

他の参考書には目もくれず。
そのかわり、その参考書については暗唱できるくらいに「すがった」。

結果。

入試ではなんと95%の得点率となった。
勿論合格。

理想的な入試対策を実践したのだから当然の結果とも言えるが。



あの時、お目当ての名著が入手できていたらどうなっていたろう。

中1の学習は今が大切!

中1の1学期の学習は全ての基礎。
夏休み中の今ガッチリと基礎を固めておきたいものです。

中学校生活はまだ始まったばかりだと安心してはいけません。
基礎固めを疎かにしたくないものです。

1学期の成績はこれからの中学校での成績を占っています。
経験上、そうなんです。

第1回実力テストも同じことです。
最初の実力テストの結果は今後のテストを占う。

さて、

齊藤塾の去年の中1塾生の実力テスト結果を掲載します。
各中学校実施第1回実力テストの5教科合計点です。
かっこ内は各中学校での学年順位です。

中1実力テスト結果(2017年夏休み明け実施)

塾内1位 476点(学年1位)
塾内2位 474点(学年1位)
塾内3位 459点(学年2位)
塾内4位 458点(学年3位)
塾内5位 456点(学年3位)


夏期講習で基礎固めのトレーニングを繰り返した成果ですね。

「決してめげない心」を手にする方法

今日も体験入学のご予約を頂きました。

有難うございます。


「決してめげない心」

これを自分のものにする方法を記します。

1. 「何があっても決してめげない」と心に決める。

2. 実際に何があっても決してめげないようにする。

これだけ。

馬鹿にするな、と言われそうですが。

私は、これって深いと思うんですけど。

要するに、

「今度はめげそう」とか。
「これほどのことがあったんだから、暫く復活は無理」とか。
「この状況なら誰だっためげるよな」とか。

そういうことを一切なしにする。

決してめげない、と決めて実際にめげない。
決めて実行に移す。それだけ。

そういう強い自分を作る、とか。
自分を徹底的に追い込むとか。

そんなのではなくて。

もっと、淡々としている。

時間とエネルギーをつかってめげても、そのままどん底に落ち込んで這い上がらない、ということはないのです。
いずれ戻ってくるのです。

さっさと切り替える、とか。
さっさと忘れて、とか。

そんなのでもなくて、もっと淡々と。

偏差値を上げること

本日、通塾初日の塾生も長時間の演習に耐えました。

夏期講習の目的はただ一つ。

「偏差値を上げること」

これだけです。

塾内テストでは偏差値と合格判定が出ます。
学校内実力テストの5教科合計点でも、偏差値を推定することができます。

それも、かなり正確に。

8月の実力テストで結果を上げることで、「視野」が全く変わってきます。
視野が変わるとモチベーションも上がります。
夢が現実味を帯びることで、将来に対する見通しも大きく変わってきます。

中高生が具体的な目標を持ったときのエネルギー。
これには、すさまじいものがありますね。


だから、何としても偏差値を上げねば。

偏差値を上げれば将来が変わるのです。

そのための夏期講習。
そのための、これからの3週間。

さて、

今日は、去年の中2塾生の主要5教科の合計得点を掲載しておきます。
夏休み明けに各中学校で実施した校内実力テストの得点です。
これらの得点から偏差値が推定できます。

齊藤塾塾生、中2実力テスト5教科合計得点(2017年、夏休み明け)

塾内1位 477点
塾内2位 455点
塾内3位 453点
塾内4位 449点
塾内5位 447点
塾内6位 442点




8月になりました。
これから3週間が勝負!
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

【遠方の方も吾妻線を利用して、土日、祝日中心に通っている塾です。長時間の個別演習形式で鍛えて結果を出しています。お気軽にお問い合わせください。】

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント