FC2ブログ

美味しい問題を大量に演習する塾

齊藤塾の指導法を確認しておきます。


一般的な塾用ワークでは、基本→標準→応用→発展という問題配列になっています。
まあ、当たり前ですけど。

冊子になっている教材はそれ自体で完結せねばならないので、このような形になります。
市販の問題集も平均的なものはほぼ同じ配列になっています。

これらの扱いは塾によって様々でしょうが、ワークの流れに沿って学習を進める塾も多いと聞いています。

さて、テストで差がつくのはどのレベルの問題でしょうか?

標準問題と一部の応用問題です。

基本問題は誰でも解けます。
発展問題などは普通の定期テストでは出題されません。
実際は公立高校の入試問題でもあまり見かけません。

標準問題や一部の応用問題では、なぜ差がつくのでしょうか?

解ける人と解けない人がいるからです。
当たり前ですよね。

「解ける人と解けない人がいるような問題を確実に解けるようにすること」

これが、ライバルよりも頭一つ出る唯一の方法です。
誰でも解ける問題や、誰も解けない問題では差がつかないのです。

ということは、

標準問題や一部の応用問題を大量に演習すること。
これを塾での指導の中心に据えるべきです。

これで、学年順位を確実に上げることができるのですから。

ところが、

一般的なワーク類は紙面の関係で標準問題だけを大量に掲載することは難しいのです。
「誰にでも使ってもらえる」教材、そして、「売れる」教材にするためには基本や発展も外すわけには行かないのです。
その分、「他人と差がつく」標準問題と一部の応用問題の分量が物足りなくなるのです。


結果を出せない塾に存在価値はありません。


塾が結果を出すとは、偏差値を上げ、校内順位を上げ、そして志望校に合格させることを意味します。

一言でいえば、塾生に他の生徒よりも点数を取らせることです。

そのためには、標準問題と一部の応用問題の大量演習とその反復が不可欠なのです。

それしかない。


私が長年、プリントのデーターベースで指導している理由はここにあります。
指導の成果についても、大いに手応えを感じているので、長年この指導方法を積み重ねてきているのです。

差がつく問題の大量演習。

私は「美味しい問題」の演習と呼んでいます。

「美味しい問題の大量演習」しか他人と差をつける方法はないのです。

美味しい問題を大量に。

美味しい問題も何度も反復すると飽きてきます。

飽きてきて、つまらなくなって、美味しい問題が「まずいと感じる」まで演習した人だけが勝利者になれるのです。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント