失意から生まれる創造性

一本のスキー板の上に椅子を載せ、その上に座って体の傾斜と2本のストック操作で急斜面を滑り降りる。

初めてこれを目にした時、その目を疑いました。

「何だ、これは」

「どうしてこんなことができるんだ」


パラリンピックが始まりましたね。
障がい者スポーツが進化し、スポーツニュースでも当たり前のように取り上げてくれることで、いたって自然体で観戦したり、応援したりしている自分に気づかされます。

私が一番興味あること。

それは、それぞれの競技の考案者のこと。
つまり、初めて挑戦した人はいったい誰なのか、ということ。

冬のスポーツには危険が伴います。
それでも、道具を工夫し、協力者を得て、どうしてもやりたかった。

障がいを負ったからといって、諦めることはしたくない。
どうしても、挑戦したい。
そんな、気持ちが自分をそして周りの人達を突き動かしたのでしょうか。

一度は失意のどん底を味わったかもしれない。
それでも前に進んだ。

そしてスキー板の上に椅子を載せた。
大胆な発想と危険を顧みない勇気。

失意を味わっても奮い立ち、そしてクリエイティブになる人がいるのです。
彼らこそ挑戦者。
失意からの挑戦達はいたってクリエイティブ。


プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント