前橋女子高校合格体験記

前橋女子高校合格Tさん ・・・ 大量の問題演習で「どんな問題でも解ける」へ!

「私は中1のときから前女受験を頭においていたわけではありませんでしたが、学年トップでいたいという気持ちはありました。そのため、毎日学校から出される「自主勉強ノートページ」という宿題を丁寧にやっていました。私は中3の夏休みを過ぎても、駅伝や生徒会をしていたので、思うように勉強が進みませんでした。やはり、中3になってから焦って勉強を始めるのではなく、中1の頃からコツコツと勉強を積み上げることが必要だと実感しました。塾では主に実戦問題を大量に解き、応用力をつけて行きました。問題を解く中で、私の苦手とする分野については塾長にプリントで補って頂きました。入試直前も全国の過去問をひたすら解いたので、どんな問題でも解けるという自信がつきました。また、私も含め、多くの受験生が苦手とする社会の記述問題もワークやプリントで繰り返し練習しました。よく出る問題は正答を覚え、その他の問題は書き方のコツを知ることで、記述問題も難なく解けるようになりました。入試当日は、緊張せずに落ち着いて問題を解くことができました。中学3年間、毎日勉強を継続してきたことを自信にし、高校でも頑張って行きたいです。」(再掲)

大量の実戦問題を解くこと。そして、反復すること。
それが、前女合格への唯一の道です。

あまりにも、当たり前のこと。

その当たり前のことを「実行」できた人だけが、前女の合格を手にできるのです。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント