FC2ブログ

険しい道のり、実は近道

渋女の合格体験記です。

渋川女子高校合格体験記 Uさん ・・・・ 険しい道のり、実は近道

「私は中学3年間、齊藤塾に通い続けました。志望校に合格し、3年間続けた塾での学習や日々の家での学習の繰り返しが合格への近道だと知りました。
私は社会が苦手でした。塾のテストでも1度偏差値が55になってしまいました。苦手意識が強く、自ら社会を勉強することはありませんでした。だから、塾で実戦問題を解いても塾長に「次回もう一度」といつも言われていました。二回目にはできなければまずいと思い、復習を家で毎日しました。すると、次のテストでは偏差値が上がりました。社会だけではなく、なんと理科も上がっていました。
そんな日々の努力が学校の成績に結びつき、高校受験でも評価して頂いたのだと思います。小論文の試験前には、齊藤先生に一文一文添削して頂き、結果につなげることができました。
塾での学習は、問題をたくさん解いて学力をつけるという方法でした。私にとって、それは大変なことでした。しかし、それを3年間続け、今までの険しい道のりが近道だったことに気づきました。問題を解く→間違える→もう一度解く→できる、というサイクルを続ける事はつまらないと感じるかもしれません。でも、それは確実に目標を達成するための近道です。私はその道を信じ、途中で諦めなくて良かったと思っています。今の私がいるのは塾の先生のおかげです。ありがとうございました。」(再掲)

私がこのブログで繰り返し強調していることを実行すれば、自ずと結果は出るということですね。実戦問題を大量に解き、反復する。自分と向き合う時間を長くとる。実行した人は「必ず」結果が出ます。しかし、一人ではなかなか実行できない。それが分かっている人の賢い選択肢として、齊藤塾のような自立型学習塾があるのです。苦しいのは分かっている。でも、トップ校の合格を自分のものにしたい。覚悟ある人のための塾です。

「正しい学習方法」の前にすること

正しい学習方法。

あることはある。
近道はある。
確実に。

ある意味、それを教えるのが塾の仕事。
そして、それを自分のものにするのが塾生の仕事。

でも、その前に君にして欲しいことがある。

それは、自分で考えること。
めちゃくちゃぎこちなくて良い。
下手で良い。

恥ずかしくて、他人に見せられないような方法でよい。
君ひとりだけの脳みそを使ってどこまで考えたか。
それを見せて欲しい。

「全然わかりませんでしたぁー。正しい方法を教えてくださいよ。塾なんだから」

ダメです!

「自分なりにここまで考えてみました。ここまでしか分かりません」

OKです!

自分で考えることで、思考が深まっていますから、指導が染み込みます。
ゼロから教わる人に比べて、理解の深みが全く異なります。
だから、まずは「自分で」。



さて、

本日も1名覚悟の入塾。
期待以上の結果を出します。
必ず!

問題集の反復回数について

いつもの問題集反復回数の話。

問題集を1回しかやらないのは一番損なやりかたです。

しかし、

塾に通っていない生徒の大半は、問題集の1回目も終わらずにテストに臨んでいます。
だから、最近は「ワーク提出」なる厄介なものまで始まってしまいました。
強制的にやらせるようになったのです。

普段、1回目がなかなか終わらない生徒は、たまに1回終わらせただけで、無意味な達成感に浸ります。
本当は1回目なんて、挨拶程度なのに。

2回目で、いくらか楽しくなる。

3回目で、手が自然に動くようになる。

4回目以降になると「こんな問題、誰だって解けるじゃん」って腹が立ってくる。

勉強ってこのようにやるものなんです。

知らない人がいるから、今ここに書いています。

でも、

優秀な生徒は、、このことを何故か「最初から」知っているのです。

勉強は、何度も反復して自分のものになる。1回やっただけではほとんど身につかない。
1回だけしかやらないのは、一番損なやりかた。

そういう事実を優秀な生徒は「最初から」知っている。だから、優秀なんですね。
だから、優秀な生徒は努力を積み重ねるのになんのためらいもないのですね。

1回やっただけで、学習が身につかないからといって「ああ、なんてオレはバカなんだ」などと嘆く人は、勉強とは反復のことを言うという事実を知らないのです。

齊藤塾は反復学習の大切さを「言葉で」教える場ではありません。

反復学習を「実行させて」、なるほど結果が出」るという事実を体感させる場です。



「あと一歩」を突き破れ!

通知表の報告が続いているのですが「あと一歩」の結果の何と多いことか。
中学生では5教科オール5まであと1ポイント、小学生でもオールAまであと1ポイント。

その様な報告が続いています。

ここまで伸ばしたのですから、その努力は多いに評価に値するのですが。
塾長という立場からすると「あと一歩」感がどうしても拭えない。

あ、勿論今回オール5の塾生もいますよ。
それは勿論なのですが。

これは、私の問題ですね。

今から約1年半前の「オール5(またはオールA)15名」という「偉大な記録」の記憶がまだまだ鮮明に残っていまして。
今、目の前にいる塾生の努力を正当に評価すべきです。

個々の塾生を見れば、1年前に比べて5ポイントも上げている塾生が続々と報告してくれているのですから。
ここまで登り詰めて来たことそれ自体を評価すべきです。

次回、この「壁」を突き破りましょう。
齊藤塾の塾生は言われなくても分かっています。

さて、

本日、1名覚悟の入塾。

必ず期待以上の結果を出します。

10回読む

本は10回読め、という人がいる。


1回読んだのでは読んだことにはならない。
何度も読み返すことで、それまでの読み方では気づかなかった点に気づくことが多い。
だから、何度も読み返す。

それでは他の本が読めないではないか。
そうかもしれない。
しかし、繰り返して読まなければその1冊も読んだことにならない。
つまり、ゼロ。

中途半端に何冊も読むのと、1冊を咀嚼するのとどちらが良いか。
1冊の本が完成するまで、その著者がどのくらいのたうちまわったことか。
何度も何度も書き直して、ようやく世に出せるまでになったもの。
中途半端な読み方で、著者が伝えたかった本質を見誤りたくないものだ。

そういえば、塾のワークも同じ。

人類の到達した学問のエッセンス。
それが効率よく身につくように苦労に苦労を重ねて教材として完成している。
中途半端な使い方はしたくないものだ。
10回反復して欲しい。
それが自分にとっての「常識」になるまで。(再掲)

成績アップの一例

齊藤塾塾生の成績アップ例を示しておきましょう。


ある塾生A君の例

入塾前の5教科通知表(評定合計19) →  入塾1年後の通知表(評定合計24)

国語5 社会3 数学4 理科3 英語4    国語4 社会5 数学5 理科5 英語5




ある塾生B君の例

入塾前の5教科通知表(評定合計18)  → 入塾1年後の通知表(評定合計24)

国語4 社会3 数学4 理科4 英語3    国語4 社会5 数学5 理科5 英語5


齊藤塾への入塾で勉強スイッチが入った。
努力の方向性が分かってきた。

努力が結果に表れることでモチベーションは更に上がります。

志望校も勿論変わります。
自分自身の将来像も勿論変わります。
親子の関係も良くなります。(笑)

何より引き締まった目になります。

まだ3学期中なんですね。(笑)

明日26日(月)が終業式なんですね。
つまり、まだ3学期が終わっていませんでした。(笑)

齊藤塾では21日から春期時間割がスタートしています。
予定の学習がだいぶ学習が進んでいるので、感覚的には春期講習中盤戦です。

本日はお問い合わせを頂きました。
ありがとうございます。

新中1はまだ空きがありますが、他の学年は微妙になってきています。
お問い合わせはお早めにお願いします。

さて、

受験生ならばやるべきことは最初から決まっています。
あとは、
やるかやらないかの問題。

優秀な生徒はやはり受験勉強のスタートも早いのですね。

塾の仕事は受験勉強の羅針盤となること。

今日も学年1位の報告あり。

今日も実力テストで学年1位の報告ありました。

4教科で学年1位、残り1教科で学年3位ですから、5教科で学年1位は当然の結果。

学年1をとり続けることができる人は、

「努力が継続できる人」

です。本当に強い人はこのような人。

これで,

3月実施の各中学校実施の実力テストでの学年1位生は、現中1、中2あわせて3名。
まだ、増えるかな。

結果を出す塾生に共通する特徴。

それは「よく手を動かしている」ということ。

またも学年1位の報告

今日も実力テストの結果報告がありました。

5教科総合で

学年1位。

3教科で学年1位、残り2教科で学年2位ですから、総合1位となるのは当然ですね。学年上位の結果を獲得する人には苦手教科がないのです。
苦手教科があったとしても、他人に言われる前に自分で克服している。

キーワードは「自立」ですね。

さて、

現在、齊藤塾の指導は新年度モードに突入しています。

新高1生の先取り学習も順調に進んでいます。
まあ、高校入試直後から始めていますからね。
どんなに先取りしてもし過ぎるということはありません。
絶対に。

大学入試はそれくらい厳しい。

今度は全国区の戦いになりますし。


新中3生達も、早くも気合が入っています。
「次は自分たちだ」という緊張感。

逃げるという選択肢のない戦い。
こういう戦いを乗り越えてゆくことで大人になって行くのですね。

気合の入った目。
私の一番好きな目です。
この目からは沢山のエネルギーをもらえるから。

エネルギーを何倍にもしてお返ししましょう!

学年3位の報告

今日は、

校内実力テストで学年3位

の報告を受けました。

地道な努力の積み重ねだけが結果に結びつくのです。
それだけが「最短距離」なのです。

県内高校の東大の合格者数(前期試験まで)をチェックしてみましょう。

前橋高校 14名
高崎高校  8名
高崎女子  4名
県立太田  3名
市立太田  2名
中央中等  2名


前高から理Ⅲ合格者が2名も出ました。
今年1番の話題はこれでしょうか。

それと、

市立太田高校がいきなり東大合格者2名ですよ。
衝撃ですね。

あれ?

前女は・・・・。

まだまだ、

最終結果を待ちましょう。



プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント