FC2ブログ

アプローチの仕方は人それぞれ

物事の理解の仕方は一人一人違う。

だから、教える側も沢山の引き出しを持っていなければならない。

自分の理解の仕方が理想だなどと凝り固まっている人。
そういう人は指導者にはなれない。

例えば、ひとつの立体物の話をする場合でも、右から見た姿を説明した方が分かる人もいれば、左から見た絵を使った方が理解しやすい人もいる。他の人は、上からの方が良い場合も。

人は遺伝子も生い立ちもひとりひとり異なる。

だから、生徒の様子を見ながら、押したり引いたり、角度を変えて話したり。

指導者とはそういうものだと思う。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント