FC2ブログ

「楽しく勉強」という誤解

勉強はエンターテインメントではないので、それ自体がそのまま楽しいということはありません。

「楽しく勉強」という言葉を誤解している人が多いようです。
勉強は基礎基本の地道な理解から単純な反復を乗り越えた先に少し面白みが出て来る。
そういう性質のものです。

例えば理解。

自分にとっては簡単には理解できないことを理解せねばならない。
苦しく辛いとしか言いようがありません。
しかも、ある段階にまで到達しないと、面白みが感じられないだけでなく、そもそも何のためにその学習をしているのかその必要性さえもが分からずに進めなくてはなりません。そんなことばかり。

暗記にしてもそうです。

覚えては忘れ、また覚えては忘れれる。
覚えたはずのことの大半を忘れている。
絶望感すら感じられます。
自分以外の人達は皆楽して覚えられているような錯覚に陥ります。

だから、一度、

これらの苦しみを乗り越えた先にある面白みを是非感じて欲しいのです。
辛く苦しい積み重ねの先には、その苦しみを乗り越えた人にしか分からない快感が待っていることを体験して欲しいのです。

その体験があるから耐えられる。
喜びや達成感に至る道筋が分かるから頑張れる。

途中「あとどのくらいで楽しくなりますか」なんて聞いてはいけませんよ。
苦しみの先にあるから快感なんですから。
道筋が見えないところで苦しんだ先の楽しさなのですから。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント