FC2ブログ

辛さは相対的

辛さのものさし。

これは「相対的」なものだと思います。
この場合の相対とは、誰かほかの人の辛さとの比較ではありません。

辛いとか辛くないとか。

これは自分自身が想定している範囲というか、ものさしの中で感じているものだと思うのです。
「辛さの限界が5だとすると、今の辛さは3」だとかいう感じで。


辛さのキャパシティーは一人一人違う、という当たり前のことを言いたいだけなんですが。

辛さに耐えるキャパシティー。

これ、大きい方が良いですよねえ。

他人との比較ではなくて、今の自分のキャパシティーと望まれるキャパシティーとの比較という意味で。
できれば大きくしておいて、将来の困難に備えたい。
何があっても動じない自分を作っておきたい。

このキャパシティー大きさ。
子供の頃の実体験で作られると思うのです。思春期以前でしょうか。
大人になってからでは遅い、とは言いませんが。

この場合の実体験とは「キャパシティーを広げねば前に進めないような」体験のことをさします。

まあ、なんとかなる体験。追い詰められたら親が手助けしてくれるような体験。
このような体験ではダメです。

そうではなくて。

「自分でなんとかせねばどうしようもない」という体験。

「もう、マジになるしかない」

そんな、体験。
逃げ道があるうちはダメですから。

勿論、トラウマとなるような恐怖体験ではないですよ。

本気になるしかない、という体験。
自分でやるしかない、という体験。

こういう体験は体が覚えている。

人は自分で乗り越えたという体験を「体で」覚えていて、追い詰められたときの「根拠のない自信」となる。
これが「「自分ならきっと乗り越えられる」というポジティブ思考につながる。

そんな気がします。



プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント