FC2ブログ

漢字かな交じり文

日常的に漢字を使っている国は、日本、中国、及び台湾だけです。韓国も北朝鮮も実質的にはハングルだけで文字表現しています。ベトナムも今では漢字はほとんど使っていません。

政治的理由で使わないようになった国もありますが、なんといっても漢字の文字数の多さが普及しなかった理由のようです。漢字が使えるようになるまでには、一定の学習時間がかかる。とにかく覚えるのが大変なんですね。私達日本人は漢字を覚えねば仕事にならないので、頑張って覚えてきているわけですが、どうも世界的には「例外」のようなのです。教育制度のお蔭ですね。小学生時代には漢字書き取りが毎日のように宿題として出されます。アルファベットだけ覚えれば良い国に比べてなんとも苦労の多いことか、と思う人も少なくないかと思います。日本に生まれた以上逃げられないことなのですが。他国の小学生が羨ましい気持ちになるのも無理はない。

日本語は漢字という表意文字のお蔭で文章の理解は効率よくできると思います。漢字を目で追っただけでも沢山の情報が得られる。これが表音文字の仮名だけだったら相当苦労しますよね。

考えてみると、表意文字である漢字と表音文字である仮名の組み合わせで複雑なことを表現できるのは日本語だけなのです。それだけは確かです。日本人は仮名を発明したことで、漢字についても、そこそこ覚えれば何とか表現に困ることはない。テストの解答でもひらがなでも〇がもらえることが多いですよね。これが中国語だと、外来語までも漢字を当てねばならない。先日もマクドナルドの当て字が話題になっていましたね。日本語ならカタカナで間に合ってしまう。表意文字だけの国も大変ですよね。

先人達は柔軟性の高い言語を作り上げてくれたようです。

どうも大半の日本人は日本に生まれた幸運に気づかずに生きているようですよ。



さて、3連休も終わりましたね。
齊藤塾も充実の3日間でした。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント