FC2ブログ

記憶の新陳代謝

外山滋比古さんの『乱読のセレンディピティ』に、記憶の変容について面白いことが載っていた。
記憶というものが新陳代謝する、というのだ。
記憶は忘却によって変化し、忘却しきれなかったものが再生される。
それが再生されるときには少し変貌する。
これを繰り返すうちに、変形してゆくのだが、その変形は美化される方向に向かう。
言われてみると、そうかもしれない。
私達の記憶は完璧には再生されないのだが、それは悪いこととも言えない。
そんな風に思えてきた。

私は、大学時代から、記憶と創造とは背中合わせのものだと思ってきている。
覚えたことと再生したことの「ずれ」のようなもの。これが創造の源泉、あるいはヒントになっているのではないか。
そんな気がしている。だから、膨大な記憶のストックがある人ほど、豊かな創造が可能なのではないか。
整理したはずの知識の引き出し。その中身が隣の引き出しに紛れたりする。整理し間違っていたりする。それこそが創造のブレイクスルーにつながるのではないか。そう思ってきている。この「ミス」とも「創造」とも言えない(評価の定まらない)行為。これって、コンピュータに可能なことなのだろうか。あるいは、記憶の部分だけコンピュータに肩代わりしてもらうことなどできるのだろうか。



さて、

各中学校実施校内実力テスト。
今日までの集計結果です。
学年1位の塾生が5名になりました。

中1

 1位  476点 (学年1位)
 2位  474点 (学年1位)

中2

 1位  477点 (学年1位)
2位  447点 (学年9位)

中3

 1位  477点 (学年1位)
 2位  452点 (学年1位)
 3位  447点 (学年2位)
 4位  443点 (学年3位)
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント